2018.9.26【XRPは50円台へ、BTCも72万円へ】

2018-09-26 08:00[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 bitcoin XRP



通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 720,716 24,274 52.0 49,309 6,480
前日比 ▼3.6% ▼7.9% ▼11.2% ▼6.6% ▼1.7%

 

Review

振り出しに戻る

週末のBTC相場は反落、XRPも50円近辺まで値を下げた。WSJでリップル社の共同設立者ジェド・マケーレブ氏が自己が保有するXRP売りを加速しているとの記事もありXRPが下落を加速させるとBTCも72万円割れに連れ安。昨日から開幕したFINSUM2018で北尾SBI社長が厳格な自主規制を急ぐ必要を述べると市場は一旦下げ止まる。その後、テックビューロ社への3度目の行政処分で顧客保護のためのフィスコ社からの金融支援に関して具体的に聞いていないとすると72万円を割り込んだが、MTGOX管財人が260億円相当のBTC・BCHの売却を終えたことを発表、またテックビューロ社が金融支援が今月下旬の実行を前提として準備中で、提供を受けた資金で消失した仮想通貨を調達し、お客様の資産に被害が及ばないように万全の対応を行うとすると値を戻している。

Outlook

規制議論の進展に注目

本日のBTC相場は底堅い展開を予想する。XRPは共同創始者の売却もあり急騰分を失ったが、まだ1週間前より5割近い上昇を見せている。リップル社関係者が大量に保有していることはXRPのアキレス腱のひとつであるが、ジェド氏はリップル社を去ってXRPのライバル・ステラを存立している人物でXRPを売却しても違和感はない。むしろ、期待感がその売りを上回っていると見るべきか。規制の議論が進むなど信頼回復が見られるまではやはり上値が重い展開が進もうが、北尾氏の発言やフィスコ社の対応など一定の進捗は見られる。アメリカではナスダック、リップル社、フィデリティ―と議員との会合が持たれており、こうした動きに注目が集まる。

FXcoin Daily Report 2018.09.26.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ