2019.11.07【材料難のビットコイン。SWELL期待でリップル上昇か?】

2019-11-07 09:03[ 中村健太郎

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン


通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 1,012,009 20,771 33.7 33,204 6,945
前日比 ▼0.8% +0.0% +2.4% +3.5% +0.4%

Review

材料難で小休止状態

昨日のBTC相場はほぼ横ばいの展開。日中は材料難の中、じりじりと小幅に値を下げ、101万円台まで下落。中国政府はこれまで国家発展改革委員会(NDRC)で廃止検討リストに仮想通貨マイニング産業を含んでいたが、今回、NDRCによる産業改革の最終計画書では廃止リストから撤廃されることとなった。先週の証監会前副主席の四川省でのマイニング事業推進発言を裏付ける形となり、やや強含んで102万円台まで上昇した。国内ではCoincheckが仮想通貨自動積立サービス提供開始とリリースされたが、市場へのインパクトは限定的であった。韓国の取引所「Coinzest」でXRPが90円以上、BCHが8万円以上で取引されたことで、XRP・BCHが強含む場面も見られたが、同社の資金難によってKRW、BTC、ETHなどの出金が禁止され、入出金可能なXRPとBCHに買いが集中した模様。その後は特に材料なく、じり安の展開となり再び102万円を割る展開となっている。

Outlook

SWELLに注目

本日のBTC相場は底堅い展開を予想する。下値水準を100万円台まで切り上げており、BTC相場の地合いは悪くないが、中国関連の好材料出るも上値が重い展開が続いている。本日はリップル社の一大イベントSWELLに注目。既に朝方からXRPが一時34円台まで上昇している。日本時間11:30より同社CEOガーリングハウスの講演から始まる。昨年はxRapid商用化が非公式に伝わりイベント前にXRPが上昇、SWELLでの正式発表後はSell the Factとなった。今年はイベント内で何かしらの発表があるか注目される。

FXcoin Daily Report 2019.11.7.pdf

中村健太郎 (なかむらけんたろう)

大手総合商社で為替予約・ポジション管理、トレードファイナンス、バックオフィス等、幅広く財務関連業務の経験あり。海外(シンガポール)では、アジア・大洋州地域のコーポレートファイナンスに従事し、2019年10月より現職。

アーカイブ