2019.11.11【リップルのSWEL閉幕後のビットコインはどうなるか?】

2019-11-11 08:35[ 中村健太郎

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン



通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 987,527 20,777 30.8 32,096 6,996
先週金曜日対比
▼1.6% +1.5% ▼3.0% +0.4% +3.6%

Review

SWELL閉幕

週末のBTC相場は軟調な推移。先週、シンガポールで開催されたリップル社のSWELLの2日目では、大手送金企業マネーグラムがリップル社のODLを使った新たな送金ルートを年内にオープンすることや、リップル社が新たな総合型アプリ「リップル・ホーム」を発表し、企業向けのプロダクトとして、新たな国際送金のモデルで利用される可能性を示唆し、XRPの将来性に期待を持たせる発表があったが、市場の反応は限定的であった。その後、SWELL閉幕とともにXRPが売られ、一時30円割れ。BTCも連れ安となり、一時95万円割れとなった。2017年から開催されているSWELLの前後ではXRPは毎年同様の動きとなっており、期待感で買われ、閉幕時に売られる典型的なSell the Factとなっている。週末は日本でXRP Meetup Japanが開催されたが、市場へ大きな影響を与える材料はなかった。

Outlook

底堅いBTC

本日のBTC相場は底堅い展開を予想する。先週のBTCはSWELL前後のXRPの大きな値動きに振らされ、最終的には下落となったが、BTC相場へ悪材料となるものは出てきた訳ではない。また、週末では94万円、95万円、96万円を下値を切り上げてきている。朝方には反発後、足元では99万円台まで値を戻し、底堅く推移しており、地合いは悪くない。BTCは暫く材料難が続いているが、今週はパウエルFRB議長をはじめとする米国要人の講演がいくつか予定されているため、中国との関税問題や、デジタル通貨関連の発言があるか注目。

FXcoin Daily Report 2019.11.11.pdf

中村健太郎 (なかむらけんたろう)

大手総合商社で為替予約・ポジション管理、トレードファイナンス、バックオフィス等、幅広く財務関連業務の経験あり。海外(シンガポール)では、アジア・大洋州地域のコーポレートファイナンスに従事し、2019年10月より現職。

アーカイブ