XRP Meetup Japanに行ってきた - リテラシーの向上に有効

2019-11-11 09:46[ れんぶらんと

金融リテラシーのお話 仮想通貨 暗号資産

1.Meetupは共通のテーマを持った人が集まるイベント・交流会。
2.XRP Meetup Japanはリップル関係者、大学教授が登壇し有意義であった。
3.Meetupは金融リテラシー向上に貢献。

昨日「XRP Meetup Japan」に行ってきたので、それについて報告します。

1.Meetupとは - 共通のテーマを持った人が集まるイベント・交流会

Meetup(ミートアップ)とは、最近使われだした言葉ですが、もともとは2001年の米同時多発テロを機に設立されたMeetup社による造語です。創業者のScott Heiferman氏はテロ直後に人々が集まって話し合い、コミュニティができ助け合う姿を見てMeetupの着想を得たとのことです。
現在のMeetupは基本的には共通する興味のある分野や趣味などに関しての集まりです。こうして書くとセミナーや勉強会とも似ているのですが、これまで会ったことのない人たちがインターネットを通して集まり、直接話をするイベント・交流会であるといってもいいでしょう。

仮想通貨を取引する人たちの間でも大小様々なMeetupが開催されており、おおむね以下のような内容となっています。
  1.主催者からの挨拶
  2.プロジェクトの紹介
  3.関係者のスピーチ
  4.懇親会

Meetup社のサイトでは、本コラム執筆時で世界では5219、日本では122の仮想通貨関連のMeetupのグループが登録されています。

2.XRP Meetup Japanとは - 米リップル社の幹部も参加するMeetup

XRP Meetup Japan は11月10日午後に開催されました。コミュニティ主導のもとSBI VC Tradeがメインスポンサーとなり今年春にTwitter等で告知が行われました。参加者の募集は9月15日から行われましたが4日後には定員数の300名をオーバーするなど、開催前から注目度が高まっていました。

内容は期待に違わぬ充実したものでした。Chris Larsenリップル社共同創業者、リップル社役員も務める北尾吉孝SBIホールディングス株式会社代表取締役社長のビデオメッセージに始まり、山田正勝SBI VC Trade取締役、および「アフター・ビットコイン」の著者である中島真志麗澤大学教授の講演が続きました。その後は今回最注目の登壇者であるリップル社CTO(Chief Technology Officer:最高技術責任者)のDavid Schwartz氏のスピーチとなりました。後半はリップル社プロダクトマネージャーのWarren Paul AndersonによるXpringプロジェクトの説明やリップル社のキーパーソン達が登壇しての質問回答のセッションなどがあり、”盛沢山”という言葉がぴったりの内容であったといえます。

3.Meetupのメリット - メディアやネットでは得られない生の情報交換

今回Meetupに参加して感じたことは、 メディアやネットでは得られないユニークな情報を得ることができるということです。XRPの利用拡大とデジタル通貨の流れなどについて話された中島教授の講演はアカデミックの観点から現在の仮想通貨を取り巻く環境を的確に説明されて筆者は大変刺激を受けることができました。また後半のリップル社のキーパーソン達が登壇してのセッションではリップル社のデザイナーのHana Kelley氏よりリップル社のプロダクトであるxCurrent,xRapid,xViaのシンボルが日本の漢字から作られていたことなども興味深く聞くことができました。

講演とは別に懇親会の場では、これらのリップル社のキーパーソンや中島教授らの登壇者とも直接話をする機会が多くあり、リップル社の人たちの考え方や中央銀行デジタル通貨発行に向けての問題点などについて意見を交わすことができました。また登壇者だけではなくXRPに投資している人たち(いわゆるリップラー)と直接話をすることも有意義だったと思います。

4.所感 - 金融リテラシー向上には有効な手段

投資や資産形成などついては、知識が必要であることはわかっていても、相談できる話し相手がいないなどの理由から、実際に学ぶ機会が少ないということは以前このコラムでも書きました。家族・親戚や会社の同僚に対してもお金の話題は敬遠される傾向が日本人にはあります。
そのような環境下、共通の興味やテーマを持つ人たちが集まるMeetupは最新の情報を入手したり、相談相手を見つけるためには有効な手段の一つとなります。特に仮想通貨においてはネット等に流れている情報は玉石混交で取捨選択は容易ではありませんが、XRP Meetup JapanのようなMeetupに参加すれば、関係者と直接話をすることもできるし、大学教授からの意見を聞くこともできます。Meetupは内容を選んで参加すれば金融リテラシーの向上に大いに役立つと感じました。今後もこのようなMeetupには積極的に参加していこうと思います。

(参考)金融リテラシー調査 2019年版 - 仮想通貨は知識が重要 

れんぶらんと

17世紀に活躍したオランダの画家レンブラント・ファン・レインの作品をこよなく愛する自称アーチスト。 1980年代後半のバブル期に株式および外貨資産投資を始め、いい思いをしてから投資の世界にどっぷりつかっている。

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会