2019.11.12【上抜けできないビットコインが底堅く推移する理由】

2019-11-12 08:51[ 中村健太郎

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン


通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 950,737 20,337 30.1 31,523 6,838
前日比 ▼3.7% ▼2.1% ▼2.4% ▼1.8% ▼2.3%

Review

上抜けできないBTC

昨日のBTC相場は軟調な推移。10日の夜にイーサリアム共同創設者ジョセフ・ルービン氏が中国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)がイーサリアムなどのパブリック型のブロックチェーンと互換性を持つことを望むと話した記事をフォーブスによって掲載されたこともあってか、11日に入ってETHが上昇。それに連れ高となる形でBTCも99万円台まで上昇した。しかし、その後は軟調な推移となり、香港で警官がデモ隊に発砲し男性が負傷したとの報があり、アジア株安となったこともあってか、BTCも売られ、11日未明の上昇分を吐き出す形となり、一時93万円台まで下落した。中国人民日報が米調査会社IDCのレポートを引用し、ブロックチェーン技術への支出が2023年に約2100億円に達するとの記事や、中国国営新聞社が「ビットコイン:ブロックチェーン技術で成功した最初の事例」と題した記事を掲載したものの、市場への影響は限定的であった。

Outlook

上値は重いが、底堅く推移するか

本日のBTC相場は底堅い展開を予想する。中国ではBTCやブロックチェーンに対するポジティブな報道がなされているが、中国共産党が投機的な行動を慎むよう投資家に注意喚起していることもあり、上値が重い展開が続いている。軟調な地合いではBTCはリスク資産と見なされることもあってか、香港デモ等のリスクオフ材料が出ると上値が重くなりそうだ。しかし、中国のマイニング企業がNASDAQへの上場やバックトの機関投資家向けカストディビジネス立上げ等のポジティブヘッドラインはBTC相場の支える材料となり得るだろう。

FXcoin Daily Report 2019.11.12.pdf

中村健太郎 (なかむらけんたろう)

大手総合商社で為替予約・ポジション管理、トレードファイナンス、バックオフィス等、幅広く財務関連業務の経験あり。海外(シンガポール)では、アジア・大洋州地域のコーポレートファイナンスに従事し、2019年10月より現職。

アーカイブ