• TOP>
  • マーケット情報>
  • 2019.11.15【軟調なビットコイン相場、BCHハードフォークの影響あるか】

2019.11.15【軟調なビットコイン相場、BCHハードフォークの影響あるか】

2019-11-15 09:05[ 中村健太郎

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン


通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 938,358 20,149 29.2 30,177 6,462
前日比 ▼1.4% ▼1.5% ▼1.8% ▼2.5% ▼2.7%

Review

材料なく軟調なBTC

昨日のBTC相場は軟調な推移。14日の深夜に仮想通貨取引所を傘下に持つヤフーとLINEの経営統合の報あるも特段大きな反応なく、その後も材料がない中、じりじりと値を下げていく展開となった。本日(11/15)の日本時間21時頃に控えたビットコインキャッシュのネットワークアップグレード(ハードフォーク)を警戒してか、BCHが一時4%安となり、それに連れ安の形となり、BTCも93万円台まで下落した。昨日、ビットポイントを運営するリミックスポイントの決算発表あり、流出事故による特損を37億円計上との報があったが、流出直後に発表された金額規模と相違なく、市場でも折込済みであったことから、影響は限定的であった。その後も特に方向感なく推移し、93万円台での推移となった。米中貿易協議の行方や香港のデモ騒動等、行き先に不透明感漂う懸念事項が多く、上値の重い展開が続いている。

Outlook

BCHのハードフォークの影響は

本日のBTC相場は揉み合い展開を予想。昨日は下値の目途をトライする展開で、95万円、94万円、93万円と下値を切り下げてきているが、新たなネガティブ要素なく下抜けは難しいか。但し、アルトコインの連れ安には注意が必要で、CFTC委員長がイーサリアム2.0は有価証券に分類される可能性があると警告していることや、本日のBCHのハードフォーク等に振らされる可能性もある。特にハードフォーク後の値動きには注意が必要で、2018年のハードフォーク後は下落基調となっている。

FXcoin Daily Report 2019.11.15.pdf

中村健太郎 (なかむらけんたろう)

大手総合商社で為替予約・ポジション管理、トレードファイナンス、バックオフィス等、幅広く財務関連業務の経験あり。海外(シンガポール)では、アジア・大洋州地域のコーポレートファイナンスに従事し、2019年10月より現職。

アーカイブ