• TOP>
  • マーケット情報>
  • 2019.12.18【売り圧力が続くビットコイン相場、どこまで下げるのか?】

2019.12.18【売り圧力が続くビットコイン相場、どこまで下げるのか?】

2019-12-18 09:19[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン



通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 721,860 13,382 20.2 19,373 4,086
前日比 ▼3.9% ▼8.1% ▼11.1% ▼10.1% ▼7.6%

Review

第2波

昨日のBTC相場は続落。キーとなる7000ドル水準(76-77万円)を下抜けた後、一旦は6800-6900ドル(75万円近辺)でもみ合ったが、もう一段の下げで6500ドル台(72万円)まで値を下げている。米株が連日史上最高値を更新する中、上値をうかがうも戻り高値を切り下げていたBTC相場だが、中国の大規模BTC詐欺スキームによる売り圧力がかかっているというBloombergの報道もあり7000ドルを下抜けると75万円近辺まで急落。ErisXの現物受渡型先物開始、テザー裁判での進展などもあり一旦は下げ止まりを見せていた。しかし欧米時間に入りリスクオン相場になるも上値を抑えられると、米株の高値警戒感もあってか円買い、スイス買い、VIX指数などが反発する中、仮想通貨も全面安となりBTC相場は再び値を崩した。中でも20セントを割り込んだXRPの下げがきつく、アルトコインと比べるとBTCの下げは小幅にとどまっている。

Outlook

中国からの売りフローは続く

本日のBTC相場は引き続き底値を探る展開を予想する。7000ドルの攻防に敗れた後、昨日の第2波の下げで3週間前の安値6500ドル、71万円が意識される展開となってきた。この水準でサポートされるかが本日の焦点か。先日浮上した中国の詐欺グループによる売り観測だが、QC(人民元建てステーブルコイン)の出来高は高水準で一巡した様子は見えない。しかし、出来高が増え始めて2週間以上経過、こうしたフロー情報が一般に出回ると、その材料は終盤を迎えている場合が多い。相場の底入れもそう遠くないと考える。

FXcoin Daily Report 2019.12.18.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ