• TOP>
  • マーケット情報>
  • 2019.12.27【いよいよ決戦を迎えるビットコイン、どちらに振れやすいか?】

2019.12.27【いよいよ決戦を迎えるビットコイン、どちらに振れやすいか?】

2019-12-27 09:23[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン

通貨
BTC
ETH
XRP
BCH
LTC
価格
794,299
13,946
21.0
20,720
4,437
水曜日対比
+0.6%
▼1.4%
▼0.1%
▼0.9%
▼1.2%

Review

様子見か

昨日一昨日のBTC相場は横ばい圏での推移。今朝方、若干のショートカバーを見せたものの、クリスマス休暇中はほぼ無風の状態となった。84万円まで上昇後、反落していたBTC相場だが週末のイベントを前に小動きとなっていた。特に欧米市場が休暇となる25日は殆ど動意を見せなかった。一方で、国内交換所では、KYC簡素化や信用取引の中止、新規口座開設再開、証券会社による出資など様々な動きが見られたが、相場に与える影響は限定的だった。今朝方は78万円台から81万円台にショートカバーを見せたが、先日のETHの大口送金が詐欺グループによるものではなかったことが判明、またOKexによるオプション取引試験開始、一方で四川省の地方政府がマイナーに対し冬季の電力制限などが材料視されたが、これも影響は限定的か。このところ米株動向と順相関を見せていたBTC相場だが、休暇明けの米株が引けにかけ急騰したがこれにも反応できていない。

Outlook

いよいよ金曜日

本日のBTC相場は値動きの荒い展開を予想する。先日来、ご紹介しているように、本日は日本時間の17時にDeribitのオプションの期日が、そして明日の午前1時にCMEの最終取引日を迎える。特にオプションは週足、月足、四半期足が一斉に期日を迎える。スポット価格を貼り付けていたストライクが突然消滅するわけだ。次にCMEの期日に向け投資家の反対売買やロールなどが殺到する。ヘッジファンドなどのショートとロングとの差は広がっており、ショートカバーが出やすい局面だと考えている。

FXcoin Daily Report 2019.12.27.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ