2020.01.14【堅調なビットコイン、90万円台に回復できるか?】

2020-01-14 08:56[ 中村健太郎

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン



通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 892,147 15,888 23.3 29,455 5,480
先週金曜日対比
+4.5% +4.9% +4.5% +13.7% +12.1%

Review

BCHの急騰

週末のBTC相場は堅調な展開。先週金曜日に金融庁が新ルールとして、仮想通貨のレバレッジ取引倍率を2倍までとする方針を固めたとの日経新聞の報道を受けてか、84万円付近まで下落。同日に発表された米雇用統計は予想対比弱い結果となったが、市場の反応は限定的であった。その後、Bitcoin.comが取引所トークンを販売し、5000万ドルの調達を予定をしていると報を受けて、BCHが前日比15%の高騰となり、BTCも連れ高で一時90万円台まで上昇。一旦値を下げるも、週明けのCMEのBTCオプション取引開始への期待感もあってか、底堅く推移し、再度90万円をトライしたが、上抜けには失敗した。CMEは予定通り、13日にBTCのオプション取引を開始しており、取引期限は契約月の最終金曜日のロンドン時間16時、CME CFビットコイン参考基準レート(BRR)を採用するとしている。

Outlook

米中合意の行方

本日のBTC相場は上値は重いが底堅い展開を予想する。先週、イラン情勢によって堅調に推移したBTC相場だが、懸念緩和後も底堅く推移していることから地合いが良いことが伺える。しかし、15日の6時ごろにBTCのディフィカルティの大幅調整の可能性があり、警戒が必要か。また、今週は米中貿易交渉の第1段階合意が予定されており、今回の合意内容はまだ不明だが、今朝方、米財務省は中国の為替操作国認定の解除を決定との報もあり、両者が強硬姿勢を緩和させており、合意が円滑に進むとBTCは上値が抑えられる可能性がある。

FXcoin Daily Report 2020.1.14.pdf

中村健太郎 (なかむらけんたろう)

大手総合商社で為替予約・ポジション管理、トレードファイナンス、バックオフィス等、幅広く財務関連業務の経験あり。海外(シンガポール)では、アジア・大洋州地域のコーポレートファイナンスに従事し、2019年10月より現職。

アーカイブ