• TOP>
  • マーケット情報>
  • 2020.01.17【上値が重く下値は堅いビットコイン、どちらにブレークする?】

2020.01.17【上値が重く下値は堅いビットコイン、どちらにブレークする?】

2020-01-17 09:11[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン



通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 961,328 18,081 25.3 35,978 6,374
前日比 ▼0.4% ▼0.8% ▼2.4% ▼2.8% ▼0.5%

Review

上値を抑えられる

昨日のBTC相場は高値圏のもみ合い。97万円台で上値を抑えられる一方で、下値もじりじりと切り上げている。BSV・BCHの上昇もあって週明けに90万円を突破したBTC相場だが、BSVの暴騰やDifficultyが史上最高を記録こともあり97万円台、米ドルで8900ドルに達した。しかし異常な上昇で相場を牽引したBSVが反落に転じると93万円台まで下押しした。しかしロシアでメドベージェフ首相が退任するとロシア国内のBTC価格にプレミアムが発生、再び上値をトライした。しかしBitwiseのETF申請取り下げや米大統領弾劾案の下院可決もあり上値を重くしたが、米株が史上最高値を更新する中、再び97万円台を付けた。しかしここで上がり切れずにいるとBinanceの日本へのサービス停止やBSVへの仮装売買疑惑もあり再び上値を重くしたが、NYダウが史上最高値で高値引けする中、底堅い推移を見せている。

Outlook

NYダウ堅調

本日のBTC相場は上値余地を探る展開を予想する。心理的節目となる100万円や9000-9100ドルに位置する200日移動平均線に上値を抑えられているBTC相場だが、BCH・BSVの上昇により1か月遅れて半減期を迎えるBTCへの先高観は根強く、底堅い展開が続いている。一方、FRBが供給したベースマネーが資産インフレを促す流動性相場に加え、目下の懸念であるイラン情勢と米中問題に一区切りがつき、NYダウは3万ドルを窺う勢いだ。こうした中、BTCの上昇余地はまだあると考えている。

FXcoin Daily Report 2020.1.17.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ