ビットコイン相場が1万ドルを割った理由、「先物主導」とは?

2020-02-10 18:35[ にく

暗号資産(仮想通貨)小噺 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン

土曜日に鉄道博物館に行った帰りにサッカーボールを買いに行きました。今まで子供用のゴムのボールで遊んでいたのですが、先週火曜日にショッピングモールの催し物でフリースタイル・サッカー教室に参加した写真を見て、リフティングの練習をするならば、きちんとしたサッカーボールでないと無理だと思い連れて行った次第です。まず、おもちゃ屋に行ったのですが、ボールの大きさにも3号、4号、5号と種類があるらしく、幼児は3号だが小学生の試合は4号だから、4号にした方がいいと知らないサッカー親子にアドバイスされたりします。そういえば中学のバスケットボール部のボールも隣の高校用とでは大きさが異なっていたと思い出にふけっていたら、MIKISAやmoltenといった懐かしい国内メーカーの名前が目に入ってきます。某アメリカやドイツメーカーのボールなんかダメだぞーと内心思いながら息子がどのボールを選ぶのか見ていると、なかなか決められません。ついには、隣の野球コーナーのグローブに興味を示し始めます。どうやら、どのサッカーボールにしようかではなく、サッカーか野球かを息子は迷っていた訳です。子供はサッカーがしたいに違いないと親が先走っていた様です。

そういえば、日曜日にBTCが1万ドルに乗せました。既に金曜日の段階でCMEのBTC先物が1万ドルに到達、また国内の証拠金取引と現物価格との乖離が開き、こちらも一足先に1万ドル超えに相当する110万円台を上抜けていました。即ち、今回の1万ドル超えは先物やデリバが先に走った、いわゆる「先物主導」の相場だったという印象です。では、「先物主導」の相場とはどのような相場なのでしょうか。一般に言われる「先物主導」の先物とは日経225先物など指数先物の場合が多く、現物株に対し先物市場価格が先に動くことを指します。株先は最終的に現物の株価で清算されますから、このねじれを狙って証券会社などの株式トレーダーが裁定取引に動きます。一部で誤解されていますが、証券会社の株式トレーダーと言えば、通常、この先物と現物との裁定取引を行う人のことで、相場の方向性にベットする人は証券会社にはあまりいません。

で、こうした日経平均指数などのインデックスを売買する人の多くは現物株を保有すると決済が面倒な外国人、そしてレバレッジをかけて資金を運用するヘッジファンドなどです。そこで「先物主導」の買いとは、為替でいうヘッジファンドの買いのように、相場の値動きが良く分からない時の説明としてよく出てくることとなります。ヘッジファンドが小さな元手でレバレッジを効かせて大きくポジションを取ってテクニカルポイントやストップをトリガーさせて相場を動かそうと仕掛けている、、、そういうと分かりやすいから多用される訳ですが、実際のところ海外の機関投資家やヘッジファンドの買いが強いという事実だけで、それ以上の手がかりを探すのはこじつけなのかもしれません。

上記は株の先物主導の説明でしたが、仮想通貨の場合はどうでしょうか。まず、CMEの方ですが、現物より前に先物が1万ドルを上抜けたのは先物カーブが上向き(コンタンゴ)で市場が先高観を持っていることを示しています(因みに為替の場合は金利差です)。次にポジション動向をみると先週火曜日時点で投機筋のショートが増えています。即ち、1万ドルという強いレジスタンスをバックに短期筋のショートが増えていたのかもしれません。そして、それが現物より一足先にストップアウトして現物に先行したのかもしれません。一方で国内の証拠金取引の場合は若干解釈が異なります。CMEのBTC先物は、Bakktのように現物での受け渡しは出来ませんが、最終日まで反対売買をせずに残ったポジションは清算値との差額で決済されます。この清算値でかろうじて現物価格との紐づけがなされています。これに対し、証拠金取引は各社様々な工夫をしていますが、基本的に各交換所内で完結するBTCと紐づけがあまり無い取引です。ポジション残には建玉管理料といった手数料も発生、長期保有には向かず、個人の短期間の投機が主な参加者です。そうした市場で証拠金と現物のプラス乖離が大きくなるとは、短期のロングポジションが溜まってきていることを示しているのかもしれません。この場合は、短期的にポジション調整に注意が必要と申し上げようと思って書いていたら、市場は一足先に調整を始めた感じです。先月末にBitMEXのアーサー・ヘイズCEOが現物と先物の乖離から相場の急落を予想したのと同じロジックです。

ところで、サッカーか野球かと迷っていた我が息子ですが、翌日にはケロッとサッカーボールを買ってくれとせがんできました。何だ、親の先走りかと思ったら、単なる子供の天邪鬼だった訳です。子育てでも、相場にも、先走りは禁物ですが、天邪鬼には振り回されてばかりです。

にく

前職は外資系金融機関外国為替営業。国内だけでなく海外を仕事(?)で飛び回る日々を送っていた。自らライオンと称しているが、他の動物に例えられることが多い。 好きなものは東南アジア諸国。趣味は早朝ゴルフ。特技はタイ語。

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会