2018.10.3【XRP失速で上値重い】

2018-10-03 08:04[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 bitcoin XRP



通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 742,917 25,763 62.2 61,052 6,790
前日比 ▼1.1% ▼1.5% ▼5.3% +1.6% ▼0.7%

Review

SWELL閉幕

昨日のBTC相場は小動きも上値の重い展開となった。注目のSWELL第1日目の冒頭にxRapid商用化が発表、既に3社で実用済と伝わるとXRPが上昇、CNBCでクリストファー・ジャンカルロCFTC会長が先週の判決によってCFTCは仮想通貨の詐欺や相場操縦を起訴する権限を得た、慎重なアプローチで対応するとしたことも若干好感された。しかしXRPの注目材料が出たことでSell on the Fact気味に売られ始めるとBTCも上値を重くする展開。WSJにシステムトレードプログラムによる相場操縦の疑いが報じられると74万円台を割れる。しかしSWELL第2日目に元SECの首席弁護士だったマイケル・ディディアック氏がHoweyテストを根拠にXRPは証券ではないとの見解を示すとXRP、BTCともに値を戻している。

Outlook

XRP売り一巡か

本日のBTC相場は底堅い展開を予想する。今週はWorld Investor Weekでイベントが多く、本日も金融庁の第6回の「仮想通貨交換業等に関する研究会」やCFTC主宰の第1回FinTechカンファレンスなども開催され、当局者の発言に注目が集まる。注目のSWELLはxRapid商品化とXRPは証券でないというコメントが材料視されたが、全体に既知の事案が多くSell in the Factを誘発したが、下げ幅は想定の範囲内か。既に3社で利用開始されるなど今後はポジティブな動きが続くと思われ、売りが一巡すれば再びXRPが相場をけん引する可能性もある。

FXcoin Daily Report 2018.10.03.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ