2020.2.26【NYダウ2日で2000ドル安、ビットコイン相場への影響は?】

2020-02-26 09:21[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン


通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 1,025,508 27,695 28.3 39,180 7,894
前日比 ▼3.5% ▼4.4% ▼4.1% ▼4.6% ▼4.1%


Review

50日移動平均線がサポート

昨日のBTC相場は続落。米株の続落もあり9500ドルでの下値固めに失敗、9200ドル近辺にある50日移動平均線で何とかサポートされた格好。週末のG20や週明けの中国株が比較的底堅く始まったことなどもあり10000ドルにいったん戻したBTC相場だったが、1700ドルトライに失敗した金価格が反落、感染拡大が伝えられるイタリア株や続く米株も大きく値を下げると9500ドル、104万円台まで値を下げていた。その後はこの水準がサポートとなり底堅く推移したが、BTCの難易度調整が今年に入って初めて低下を示し、更にNYダウが連日の大幅安で2日で2000ドル近く値を下げるとBTCもサポートを割り込んだが50日移動平均線がある9200ドル、102万円台でサポートされた。その後、米疾病対策センター(CDC)が米国での流行を警告、米株は更に値を下げたが、米10年債が過去最低金利を付ける中、下げ止まりを見せている。

Outlook

金融緩和催促相場

本日のBTC相場は底値を固める展開を予想。昨日は9500ドルでの底固めに失敗、この結果、10000ドルのオプションのストライクの重力圏から下抜けた格好となり9000ドル近辺まで値を下げても不思議はない。更に過去最高を記録していた採掘難易度が今年初めて低下、昨年後半の3回の難易度低下後に相場が下げており、調整ムードを印象付けている。但し、昨年前半4回の低下後の1週間は上下半々だった。今回は株も商品も同時に売られており、やはりFRBの引き締めが一因か。ここからは緩和催促相場が始まると考えている。

FXcoin Daily Report 2020.2.26.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ