NYダウはどこまで下がる?

2020-03-16 22:21[ にく

暗号資産(仮想通貨)小噺 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン

曜日に家族を富山に移しました。幼稚園が(自主)休園となり、1日中家に居られても大変で、更に公園もショッピングモールは子供だらけ、お隣の足立区や県内でも感染情報を耳にする中、数少ない空白地でもある家内の実家に疎開させた形です。延期されるかもしれませんが、娘の入園式までの間、しばらくの独身生活となります。独身生活と言っても、今回は飲み歩く訳でもなく、そんなに羽を伸ばせないのですが、それでも自由の空気は悪くありません。朝から晩まで何を食べようが、会社の帰りにどこに行こうが、休みの日に何時に起きようが、どこに行こうが、すべて自由です。

とはいえ、そろそろ1週間、毎食何を食べるのか考えるのも面倒になりつつあります。掃除は我慢するにして、そろそろ家内が置いて行った洗濯済の衣類も底をつきかけてきて、自分でせざるを得ない状況です。そう言えば、バンコク時代、週に2回カレーを作って、外食以外、年に200回くらいカレーを食べていたことを思い出しました。シンガポール時代はスーツケースに衣類を持っていくと、キロ当たりいくらで洗濯してくれていました。ラオパサというフードコートにあったのですが、取りに行くと工事で移転していて困り果てていると、数日後に街角の横断歩道でその洗濯屋と感動の再会をしました。いつもギリギリで持ち込むので、その時出会わなければYシャツが足りなくなるところでした。

ゴミ出しや回覧板も強敵です。以前、家内が里帰り出産している間、回覧板の次の回付先が分からず放っておいたところ、家内が返ってきてから班長さんの家に謝りに言った覚えがあります。先日、班長を押し付けられそうになった家で、うちの夫はいい加減だから向いていないことを理由に断ればよかったかと思ったりします。独身期間が長くなれば、ゴミ出しもせざるを得なくなります。また鍵を忘れると家に入れなくなるという恐怖もあります。家族がいると子供を寝かせるために早めに消灯させられていたので、自由に夜更かしが出来る様になった結果、寝不足気味になったのが一番困っています。

以上が今のところの小職のコロナ被害ですが、市場は大変なことになっています。特に欧米での感染拡大には驚くばかりで、最近では相対的に拡大が遅いと日本の医療体制が評価されているとも聞きます。ただ、こうしたウィルスの危険性や疫学的なことは正直、我々市場参加者は素人で良く分かりません。相場において、何が分かっていて、何が分からなくて、何が予想可能なのか、きちんと把握しておくことは重要です。ただ、今回のコロナ問題から発生する騒動がリーマンショッククラスである可能性が高いことは市場の専門家として指摘できます。今週でもWeeklyでご紹介していますが、VIX、いわゆる恐怖指数では40を超えると名の知れた危機で、97年のアジア通貨危機、98年のロシア危機、01年同時多発テロ、02年ワールドコム破綻、10年ギリシャ危機、11年米国債格下げ、15年人民元ショック、18年VIXショックなどといずれも名称がついています。最後のVIXショックは、少しテクニカルな動きだったのでご存じなかい方もいらっしゃるかもしれませんが、それ以外は何となく聞いたことがあるかもしれません。

ところが今回はリーマンショック時と同様、40-50レンジを抜けて80近くまで上昇しています。即ち、リーマンブラザースの破綻とサブプライム市場の崩壊を見て、不況の到来を予想した株式市場が急落したように、今回のコロナ騒動による人の移動停止を見て、今後の不況到来を市場は恐れているのだと思います。今回の株安がリーマンクラスだということが分かったところで、次はどこまで下がるのか知りたいところだと思います。そこで戦後、株式市場が大きく下落したケースを分析してみました。上はブラックマンデー(87年)同時多発テロ(01年)リーマンショック(08年)今回のコロナショックと週足の下落幅ベスト4をピックアップ、株価が急落し始めてから半年間の増減率です。

これを見るといずれも数週間から1か月半の間に3割近く下落、その後はまちまちでリーマンの際は5か月後に2番底をつけています。この傾向が続くとすれば、数か月先のことはまだ分からないが短期的にはNY株は底を付けている可能性が高いと言えるかもしれません。すると、株の下落に引っ張られていたマーケットが切り返すとまでは言わなまでも、そろそろ下げ止まりそうだと言えるかもしれません。

ところで家族が疎開して、そろそろ寂しくなるのではないかと心配されるかもしれませんが、なんと一時YOU TUBEに嵌っていたおかげか、5歳の息子はメールが打てるので時折SMSが来ます。ただ問題は、家内の携帯なので返信しても、返事が戻ってきません。まあ、便りが無いのが良い便りで、今日は鬼の居ぬ間に洗濯でもすることにします。

にく

前職は外資系金融機関外国為替営業。国内だけでなく海外を仕事(?)で飛び回る日々を送っていた。自らライオンと称しているが、他の動物に例えられることが多い。 好きなものは東南アジア諸国。趣味は早朝ゴルフ。特技はタイ語。

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会