2020.3.19【米株下落に耐えたビットコイン、いよいよ底入れか?】

2020-03-19 09:20[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン


通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 580,567 12,372 15.5 19,186 3,625
前日比 ▼2.1% ▼0.1% ▼1.3% ▼1.4% ▼0.9%


Review

米株反落の割には底堅い

昨日のBTC相場は底堅い展開。先週の暴落以降、下値を切り上げてきたが、60万円近辺で上値を抑えられ、55-60万円のレンジでの取引が続いている。Google検索でBitcoinが急増、また中国のOTC市場でBTC価格にプレミアムが乗るなど押し目買い需要が見られる中、NY株の暴落にも関わらず53万円近辺で下げ止まっていたBTC相場だが、130兆円規模の米景気対策への期待もあり米株が戻すと60万円まで値を戻していた。しかし後場に入りアジア株が反落、イタリア10年債金利が2.3%から3%へ急上昇、欧州株も続落すると55万円割れまで売り込まれた。しかしECBが緊急声明を出し、更にイタリア中銀を介して同国市場に介入するとBTCも58万円台まで値を戻した。しかし米大統領がカナダ国境の閉鎖をつぶやいたこともあり米株が大きく値を下げ、また原油が20ドル近くまで値を下げる中、BTCは若干下押しするも比較的底堅い値動きを見せている。

Outlook

欧州危機回避

本日のBTC相場は引き続き底値を固める展開を予想する。昨日は米巨額景気対策やG7の協調強化などへの期待もあり日本株はプラス圏で推移していたが、後場の中国株が冴えず反落、続いて欧州の無策をつくようにイタリア国債が暴落した。堪らずECBも緊急声明を発表、イタリア市場にも介入。更にルメール仏財相の呼びかけにもあり今朝がたの緊急会合で量的緩和拡大を決めた。協調緩和において出遅れていた日欧も徐々に重い腰を上げ始めている。米株の下落にもBTC相場は耐え始めており、株の下落に歯止めが見えれば相応の反発が期待される。

FXcoin Daily Report 2020.3.19.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ