コラム

Buy the rumor, sell the fact. 噂で買って事実で売れ

2018-10-09 15:39[ しょうたのすけ

現役大学生の仮想通貨取引奮闘記 仮想通貨 ビットコイン リップル Swell



こんにちは!
10月に入り、夏の匂いは完全になくなり、いよいよ本格的な秋になってきましたね。
秋といえば食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋、読書の秋、、、などと数えだしたらキリがないですよね。
なんでも語尾に”秋”ってつけたら成立してしまう、秋っていうのはそんな便利な時期です。(笑)

また、個人的な見解ですが、秋になると気温が下がるので服を2枚3枚と着ることになり、重ね着ができるので服装のレパートリーが出て、服装に大きく個性が出ると思っています。(ちなみに重ね着ができない夏は体形に”個性”がでるようです。)

さて本題の今週の取引記事に入りましょう!!

今週の注目はまずは何といってもRipple社が開催したカンファレンスのSWELLです!
個人的には重大発表があってXRPの価格が暴騰しないかなぁなんて夢物語を想像しながらも、YouTubeやTwitter上では例年SWELL後は下落する傾向にあるといった憶測が多数を占めていました。

結果としてはその下落予想が的中していました。

SWELLが始まる直前には一瞬70円を超えて今週の最高値を記録していました。
残念ながらその瞬間は見ておらず、僕が見た時は63円近くまで落ちていました。
そしてその時は、7円も下落しているのだからどうせすぐ67円くらいには復帰するだろうし約55円で購入して10円幅と決めたので65円付近になったら手放そうと甘い考えをしていました。
もちろん63円で見た後に65円到達しているタイミングはありましたがそのタイミングも逃してしまい、、、
そのままどうすることもできずにポジションを保有しており、さすがに60円を底に買い注文が増えるかなという根拠のない淡い期待を抱いています。

少しの言い訳として、先週述べた通り僕が価格の底を判断する基準として、取引所で通貨の価格の横に書かれている下落率が8~10%あたりになったら反発する傾向にあるというのと、区切りのいい値段を境にして値段が大きく動く傾向もあると踏んでいたというのもありました。

今冷静に考えれば、これだけ下がっている状況の中で区切りのいい数字を割ったらそりゃあ下に振り切れますよね。そもそも区切りのいい数字に相場変動の根拠はありません。日本人にとっては60円は区切りのいい数字でも対ドルで取引してる米国人からみればその水準が区切りのいい数字になっているとは限りません。実際その時のXRPの対ドル相場はXRP 1=USD 0.53なので区切りのいい数字ではありませんでした。

その後XRPは58円付近を停滞。

また、僕はXRP以外のポジションを持っていなかったのであんまり関係ありませんでしたが、SWELL終了後のXRPの下げが仮想通貨市場全体をけん引し、BTCやETHも下げ相場になってしまいました。

これだけ下がっている中で懲りずに「まぁ58円が底かぁ」という悠長なことを考えてあらぬことか、買い増しまで検討していました。

最終的に焦って56円台で売却。実質プラマイゼロみたいな取引になってしまいました。
利益の出る58円台で取引されている時間がながかったのにそこで手放さなかったことを悔やんでいます。

では、ここまで書いてきましたがSWELLで発表された内容がひどかったためここまでXRPの価格は下落してしまったのでしょうか?
答えはNOだと思います。
その理由として、CoinpostがSWELL前後の価格の推移を分析している記事にSWELLの初日にxRapidの商用普及化に関して正式に発表した時間までは買い注文が増えたとしています。
言い換えれば、正式かつ具体的な内容の発表には買い注文が増えるだけの将来の展望があったということになります。

では、なぜそれにもかかわらずXRPの価格が下落したのでしょうか?
SWELLの開始直前まで、その期待感からXRPの値段は上昇していました。そして発表された事実が期待感を越えるものでなかったため、事前にその通貨を買っていた人たちはそれを売ったと考えられます。

これは、相場の格言で「Buy the rumor, sell the fact.(噂で買って事実で売れ)」というものだそうです。ネット調べてみたら解説がいろいろとでていました。買い材料の噂が出た段階で買って、事実として発表された段階では、売った方が良いという意味の格言で、相場は事実よりも先に噂や思惑で動くものなので、事実として公表された段階では既に織り込み済みとなっている場合が多いということでした。

これはとても合理的な考えだと思いました。手堅い取引だと思い、今後見習っていきたいと思います。

現在はポジションを持っていません。来週はこのまま全体的に下落していくのか、はたまた復調するのか、復調するとしたらどのタイミングかということに注意しながら取引できたらと思います。

最後まで読んでいいただきありがとうございました!
また来週もよろしくお願いします!

しょうたのすけ

都内の大学に通う文系男子大学生。物心つく前から外貨資産投資を始め、現在もその含み損をかかえている。今は仮想通貨で一山当てて、来年の旅行の足しにするつもり

アーカイブ