• TOP>
  • コラム>
  • ビットコインの上値が重い理由:ハッシュレートの低下は大丈夫なの?

ビットコインの上値が重い理由:ハッシュレートの低下は大丈夫なの?

2020-05-18 18:05[ にく

仮想通貨 暗号資産 ビットコイン 暗号資産(仮想通貨)小噺

緊急事態宣言が一部解除されましたが、わが埼玉県は対象外で、幼稚園の休園も続き、ひとり暮らし生活が続いています。子供たちとも、もう2か月以上会っていません。幸いリモートワークははかどりますが、さすがに一人の時間を持て余してきました。TVのコロナ情報にも飽きてきて、娯楽番組も見たことがあるような再放送が多くなってきました。そうした中、レンタルビデオを見る機会が増えてくるのですが、これまたコンテンツ選びが苦しくなってきました。外食ばかりだと、初めはいいのですが、そのうち店選びが面倒になってくることに似ている気がします。

ドラマなどのシリーズものを見始めると、次見なければという強迫観念に縛られるので出来るだけ避けていて、そうなると見たいと思える映画を探すのも大変になってきます。そこで、今回は誰もが知っている古典的な名作で見逃している映画を借りてきました。「ゴッドファーザー」「風と共に去りぬ」「戦場にかける橋」「王様と私」「アラビアのロレンス」などです。特にタイ駐在が長かったこともあって同地を舞台にした戦場にかける橋や王様と私は興味がありながらタイミングを逸していたので良いきっかけになりました。母があの鉄橋を見たいと言って連れて行ったなあとか、あの少年がチュラルンコーン王になるんだとか感慨深く見ていました。

アラビアのロレンスもヨルダンのワディ・ラムやモロッコのアイト・ベン・ハッドウなど旅行の思い出に浸りながら見ていました。モロッコで思い出すのが、ザゴラという街からサハラ砂漠へ向かって走っていくと、道路標識がXXXまで何キロだったのが、ラクダの絵と共にXXXまで何日に変わってきます。そして、モロッコ側の最後の街、(確か)マアミドという村で「この先、砂漠」「トンブク・トゥまで52日」という看板と共に道路が終わります。この時、いつかトンブク・トゥのあるマリに行ってみたいと思い、結局それから10年近くして念願のマリを訪れた記憶があります。もう一つ、忘れられないのが、砂漠をドライブする前にガイドに水を3本買うように勧められます。1本は飲むよう、もう1本は手を洗うよう用で、最後の1本は用を足すようでした。冗談かとも思いましたが、数時間後に砂丘の中でお世話になる羽目になるとは思いませんでした。突然、砂丘の陰に走っていく小職を心配して、ガイドが探しに来たのには参りました。

まあ、そんなこんな、なんとか自粛生活を続けていますが、退屈でパッとしない日々を過ごしています。こちらでご紹介している様な普段の生活のエピソードもかなり無理をして絞り出している次第です。BTC相場も1万ドルを前に足踏みが続き今一つパッとしません。この一因としてハッシュレートの低下が挙げられると思います。12日の半減期を前にBTC相場が急落した時もハッシュレートが急落、送金遅延が発生していたのですが、その後、ハッシュレートは史上最高を更新、事なきを得ていました。ところが半減期直前くらいから下がり始めていたハッシュレートが下げ止まらず、足元ではピーク149EH/sの半分近くにまで低下しています。

BTCの理論価格をマイニングに要したコストとする考え方からすれば、ハッシュレートの低下は価格低下に直接結びつきますが、弊社では基本的に価格によってハッシュレートの水準が決まる関係にあると捉えています。そう考えると、半減期で報酬が半分になるとハッシュレートも半分になるのは自然な流れです。しかし、半減期前の採掘難易度のままで、報酬が半分になった結果、採算が合わなくなったマイナーが去り、ハッシュレートが低下、ブロック生成が遅延、これを嫌気して価格が低下、更にコストが厳しくなりマイナーが去り続け、最終的に誰もいなくなる、、、現実味があるかどうかは別として半減期に際してはこうしたリスクが意識されるので、ハッシュレートの低下に市場が反応しやすいのだと考えています。

ただ、半減期後、最初の難易度調整で難易度が今の採算ラインにあったものに修正されれば、そうした不安も一掃されると考えます。更に、以前、Bitmain社の最新マシンAntminer S19シリーズのデリバリーが5月11日から始まるとの報道がありました。これに限らず、マイニング機種が更新されるにつけ、コストは改善され、マイナーがいなくなるという不安は後退します。従って、このハッシュレートの低下とそれによる上値の重さは徐々に解消されていくものと考えています。

さて、シリーズ物は避けていると申し上げた小職のレンタルビデオですが、ネタ切れになり「映像研には手を出すな」を全巻借りてしまいました。今週はついに「鬼滅の刃」にまで手を出してしまいます。そのうちONE PIECEに手を出してしまいそうで心配です。

にく

前職は外資系金融機関外国為替営業。国内だけでなく海外を仕事(?)で飛び回る日々を送っていた。自らライオンと称しているが、他の動物に例えられることが多い。 好きなものは東南アジア諸国。趣味は早朝ゴルフ。特技はタイ語。

アーカイブ