NYダウもカブトムシも6月はまだ早い?

2020-06-22 20:08[ にく

暗号資産(仮想通貨)小噺 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン

県外移動自粛が解禁されました。それに伴いトーマスランド(富士急ハイランド)が東京や埼玉に課していた来場自粛も解禁されました。この週末は、息子のリクエストでカブトムシ狩りに行く予定だったのですが、トーマスランドに行けるようになったから日帰りで行こうかと提案してみました。ところが意外なことに回答はNoで、カブトムシの方がいいと言います。息子ももう5歳、昨年飼っていたカブトムシは住宅展示場のイベントで小屋の中で捕まえたもので、そういうのではなく野生のカブトムシが捕まえたいとのことです。

そこで、カブトムシやクワガタが取れるという川口自然公園に向かい夕方まで待ってクヌギやコナラの木にバナナを塗っておびき寄せる作戦に出ました。まず川口自然公園に向かい、夕方までザリガニ釣りをして待ちます。小枝を拾いタコ糸を結び、スルメを結んで糸を垂れてひたすら待つのですが、5歳の子にはこれが待てません。近くでタナゴを釣っているおじいさんのところに行って魚を釣るぞと言って網を振り回します。釣りを邪魔されたおじいさんたちは怒るでもなく、むしろ自分たちの竿にタナゴがかかると息子に網ですくわせて、魚をくれたりします。大喜びで家に持って帰るという子供たちを説得するのが大変でした。

いよいよ夕方になってくると、それまで目を付けたクヌギとコナラにバナナを塗りつけます。クヌギとコナラと言っても似たような木も多くよくわからないのですが、ここは一部に木の名前が書いているので、比較的容易に見つけられました。この公園の駐車場は午後6時にしまってしまうので、日が暮れるまで近くで食事をとります。とはいえ、自粛解除の影響か近くの回転寿司はいずれも満席で南越谷まで移動する羽目になり、丁度いい時間つぶしになりました。少しゆっくり目に公園に帰って来たのが午後8時過ぎ。明かりもない真っ暗な夜の公園に意外と人がいて少し驚きました。しかし、バナナを塗った木のいずれにもカブトムシは見当たりませんでした。念のため、小職だけ翌朝5時に見に行ってみましたが、やはりカブトムシはいませんでした。カブトムシのピークは7月と言われており、今年はまだセミの声も殆ど聞こえません。まだカブトムシには早すぎたようです。

まだ早いと言えば、先週は『続:ビットコインの上値が重いことに関する「不都合なデータ」』で、BTC相場が上抜けするにはまだもう少し時間がかかりそうだと申し上げました。今回はBTC相場が相関を強める米株市場に関する不都合な事実をご紹介します。6月末と言えば多くの米企業にとって半期末にあたります。すると期末のバランスシートを縮めたい、ポジションを軽くしたい、利益を確定したいといったニーズが高まります。外資系金融機関の場合、期末にポジションを保有するとトレーダーが資本コストを課せられる場合もあります。そうした売り圧力が期末に向けて働き、期が明けると逆に働いたりもします。



上は、過去20年のNYダウの6月15日から6月30日と7月1日から7月15日までの推移です。線が多すぎて個別の年はよくわかりませんが全体的に6月後半が下落傾向で、7月前半が上昇傾向にある様子が伺えます。回数でみると、6月後半が7勝13敗、7月前半が13勝7敗で、勝敗(上昇:勝ち 下落:負け)が入れ替わっています。平均でも見ても6月後半が▲1.35%で7月前半が0.76%です。まあ、この程度の頻度のアノマリーが実際のディールに使えるかどうかは議論が必要ですが、米株は6月後半に下がりやすく、7月前半に上がりやすい傾向はありそうです。BTCの本格上昇も7月まで待つ必要があると考える所以です。

実は諦めきれなかった息子は、更にカブトムシとクワガタのメッカとされる所沢航空公園に向かいました。流石にメッカだけあって、駐車場も24時間入れます。しかし、ここでもトラップにはカブトムシはかかりませんでした。気を落としながら家路につこうとする息子に奇跡が起こりました。桜の木の下に小さな黒い虫が落ちていたのです。その虫の小さなハサミを見つけた息子はクワガタだと叫びました。小職も半信半疑でしたが、家に帰って調べるとコクワガタの雌だったようです。

琵琶湖の近くで育った小職は、ザリガニ釣りは得意でもカブトムシ狩りの経験はありません。たくさんカブトムシが取れたためにと30センチくらいある大きなケースと大量の腐葉土の中で2センチくらいの小さなクワガタの雌と大切そうにじっと見ている息子の姿を見ると、7月になったら今度こそもっと大きな雄のカブトムシを捕まえてやるからなーと心の中で叫ぶのでした。

無料口座開設はこちら

にく

前職は外資系金融機関外国為替営業。国内だけでなく海外を仕事(?)で飛び回る日々を送っていた。自らライオンと称しているが、他の動物に例えられることが多い。 好きなものは東南アジア諸国。趣味は早朝ゴルフ。特技はタイ語。

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会