2018.10.16【急騰の背景にテザー騒動】

2018-10-16 08:04[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン テザー



通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 715,776 23,064 49.3 50,810 6,094
前日比 +2.6% +4.2% +5.7% +2.3% +3.5%
BTC:ビットコイン ETH:イーサリアム XRP:リップル BCH:ビットコインキャッシュ LTC:ライトコイン

Review

テザー騒動

昨日のBTC相場はテザー騒動で乱高下。朝方、TRONを発行するトロン社の提携先と噂されたバイドゥ関係者がブロックチェーン技術は未熟で商品化には早いとすると70万円台を割れ、バークレーズがトレーディングデスク立上げを中止すると伝わると69万円近くまで下落するも底堅さを見せる展開。その後、ドルとのペッグが不安視されているテザーが急落、本来1近辺であるべき対ドル価格が0.92台まで下落、注目されているBitfinexで対テザーでのBTC価格が円換算で80万円台を超えると他交換所でもBTCが急騰、75万円台を付ける。その後、テザー不安の原因の一つであったBitfinexの法定通貨入金が24時間以内に再開されるとテザーは値を戻し、BTCは値を下げたが、フィデリティ―の本格参入報道などで堅調に推移している。

Outlook

ステーブルコイン間の競争激化

本日のBTC相場は底堅い値動きを予想する。テザー騒動に振らされたBTC相場だが、その中でOKexが、True USDコイン、サークルUSDコインに加え最近話題のGUSDとPAXというNY州から認可を受けたステーブルコインの上場を発表した。テザーが採用するカレンシーボード制と言われるペッグは政府が運営していても投機筋に攻撃されがち。入出金問題で一旦落ち着きつつあるが、情報公開や倒産隔離が不十分な民間の運営ならば相応のプレミアムが発生しても不思議でないし、今後はステーブルコイン間の競争が激化しよう。フィデリティ―の本格参入などもありBTC相場は堅調な推移を予想する。

FXcoin Daily Report 2018.10.16.pdf

 

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ