2018.08.09【パニック売りで67万円台へ】

2018-08-09 08:27[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨

【パニック売りで67万円台へ】



通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 700,050 39,708 36.6 65,159 7,009
前日比 ▼7.8% ▼7.0% ▼14.9% ▼12.4% ▼9.7%

Review

67万円台まで下げる

昨日のビットコイン相場は続落。ETF承認延期報道で79万円台から74万円台へ大幅に下落。CNBCでHFマネージャー、ビル・ケリーがETF承認延期は想定の範囲内だったはずとコメント、一旦は下げ止まりを見せた。ただし、クリプト・キングことバート・スミスが指摘していた6800ドルのサポートを大きく割り込んだことで悪化した市場の心理は好転せず、日本時間に入ると本邦大手交換所がシステムトラブルで一時取引を停止したこともパニック売りを助長した。その後、しばらくは71万円近辺でサポートされるも、海外時間にこの水準を下抜けると67万円台まで急落した。一部では、連日の東京時間明け方の急落は本邦のFX取引のロスカットが引き起こしているとの指摘もある。アルトコインはそれまで比較的下げ渋っていたリップルが今年最安値を付け大きく値を下げている。

Outlook

昨日の売りはセリングクライマックスだったのか?

本日のビットコイン相場は底値を固める展開を予想する。ビットコイン相場は67万円台を付け、今年の最安値64万円を伺う展開となっている。ただ、好材料にも売りで反応するように、市場心理はやや悲観的に振れ過ぎていると考える。またこのところ市場操作が話題に上ることが多いのだが、ロングの投げ売りは一巡し、投機的に売り仕掛けをしているポジションが相応に溜まりつつあるように思われる。昨日の売りがセリングクライマックスだったのか、更なる下落があるのかはまだ判断できないが、今年最安値を前にいったんは買戻しが入る可能性がある。

FXcoin Daily Report 0809.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ