リップルウィークリー リップル本社吉川シニアディレクターにインタビュー

2020-08-19 16:00[ 大西知生

リップル ウィークリー レポート XRP 暗号資産 仮想通貨

Topics

リップル本社 吉川シニアディレクターにインタビュー (後編)

今週のリップルウィークリーレポートでは、サンフランシスコにあるRippleの本社の吉川氏(以下、敬称略)へのインタビューの後編を特集します。
今回はRipple社が注力していること、吉川氏による日本のリップルのファンに向けたメッセージもあります。

リップル本社 吉川シニアディレクターにインタビュー (前編)

大西:ステーブルコインや中央銀行デジタル通貨がでてくると、暗号資産が使われなくなるという意見がありますが、それについてどう思われますか?
吉川:暗号資産にはいろんなタイプのものがありますが、XRPの国際決済におけるブリッジアセットとしての役割はステーブルコインやCBDCとは競合するものではなく、逆に相互補完するものだと考えています。様々なステーブルコインやCBDCを、独立した暗号資産であるXRPがブリッジすることによって流動性問題に対応し、シナジーを生むものだと考えています。

大西:ODLについて説明してください。
吉川:ODLはオンデマンド流動性(On-Demand Liquidity)の略で、RippleNet上で流動性をオンデマンドで調達するための機能です。これまで、金融機関が外国に送金をする際には、現地の金融機関にノストロ口座を用意して、現地通貨で準備資金(プリファンディング)を入れておく必要がありました。このプロセスは資本効率的にも為替リスク的にもコストが高いですし、またコンプライアンスやオペレーションの負担も大きいです。
これは特に中小金融機関にとっての最も大きなペインポイントの一つであると言われています。暗号資産を活用することでノストロ口座へのプリファンディングが必要なくなり、完全にオンデマンドで通貨を変換することができるようになります。具体的には、送金側の通貨がその国の取引所でXRPに変換され、XRPが送付先の国の取引所のウォレットに瞬時に移動、そこから現地通貨に変換され、最終受取手に届けられます。今までのプリファンディングモデルがバッチ型だとすると、ODLによって完全にオンデマンド型に移行できることになります。

大西:Ripple社が今もっとも注力していることは何ですか?
吉川:やはり何と言ってもODLの普及ですね。ODLが新規市場でローンチするためには、現地規制当局との話し合いや、パートナーとの連携、市場における流動性など、様々な必要要件をクリアする必要があります。全く新しい仕組みなので障壁も多いですが、一つ一つクリアして前進しています。特に暗号資産に対する規制当局の理解のあるマーケットを優先して進めています。
また、Xpringを通して、XRPやInterledgerの技術を活用した新たなユースケースの創出を支援することにも大きく注力しています。是非今後、より多くの日本の開発者に、XRPやInterledgerのことを知ってもらって活用してもらいたいと思っています。実際、最近日本のXRPコミュニティの中で、XRP Ledgerを活用してサービス開発をするグループができるなどの動きもあり注目しています。

大西:日本にはリップラーと呼ばれる、熱狂的なリップルのファンが多くいます。どうしてリップルは日本人に人気があるのでしょうか?
吉川:大変ありがたいですね。Rippleは創業当初から、解決すべき課題を明確にして、それに対する「ビジョン」を広く発信し、ブレずに、愚直に課題解決に邁進してきたことが一つの理由かなと思います。また、XRPを送金したことがある人の多くが、その瞬時でエレガントな送金体験に大きな感動を覚えますが(私もその一人です)、やはり根源的にXRPが使い勝手が良く、優れた暗号資産であるということが人を惹きつける大きな理由かなと思います。まだXRPの送金をしたことがない人はぜひ試してみてください!

大西:日本のリップルのファンの皆様にメッセージをお願いします。
吉川:日本のリップラーコミュニティは団結心があり、クリエイティブで才能がある人が多いなといつも感心しています。昨年コミュニティによって開催されたXRP Community Meetupは、コミュニティの皆さんが一から手作りで作り上げたイベントで、何から何まで素晴らしく、ワクワクさせる内容で、Rippleから参加したメンバーは皆一様に感激していました。私も日本人として誇らしく思いました。
また、一般的に、リップラーの皆さんは知的好奇心が旺盛で、勉強家で、コミュニティの中でもお互いの知識や知見を共有しながら高め合っている様子が伺えます。仕事として国際送金に携わっていないのにこんなに国際送金について詳しい人達って、他の国ではいないですよね(笑)。皆さんTwitterなどでフツーに、ノストロだのコリドーだのリクイディティなど業界用語で語っていますからね。それだけ関心が高いということで、私個人としてもとても嬉しいです。アートやデザインの才能のあるメンバーが多いことも日本のリップラーコミュニティの特徴ですね。
また近い将来ミートアップのような形で皆さんにお会いできるのが楽しみです。

Weekly Head Line



20200819-リップルウィークリーレポート.pdf
インタビュー前編はこちら

大西知生 (おおにしともお)

FXcoin株式会社 代表取締役社長

慶應義塾⼤学経済学部  東京銀⾏(本部、フランクフルト支店)、ドレスナー銀⾏、JP モルガン銀⾏、モルガンスタンレー証券、ドイツ銀⾏グループを経て、2018 年1 ⽉より現職。2017 年まで東京外国為替市場委員会副議⻑、同Code of Conduct ⼩委員会委員⻑。 「J-MONEY」誌において2017 年テクニカル分析ディーラー・ランキング第1 位。 著書に「FX 取引の王道 − 外貨資産運⽤のセオリー」(⽇本経済出版社) 経済学博士

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会