コラム

指値は取り消すべからず

2018-10-22 13:24[ しょうたのすけ

現役大学生の仮想通貨取引奮闘記 仮想通貨 暗号資産 リップル ビットコイン



こんにちは!

大学生にとってこの時期はいろいろなことがあって慌ただしい時期です。
部活でもサークルでも代替わりでいろいろな役割分担が発生したり、先輩たちがやっていたことを引き継いだり。また、学園祭シーズンなので人によってはイベントのために業者の人、そして本部の実行委員の人と打ち合わせをしたり、人を集めたり、収支の見積もりをたてたり。
かくいう自分もいろいろな役割が増えて最近のスケジュールがギッチギチで疲れ気味です。
最近急に冷え込んできたこともあり油断したらすぐに体調を崩しそうですね。
皆さんも体調管理は十分に気を付けてください。

さて、本題に入りましょう!

今週のニュースは週の始まりのBTCの上昇ですね。70万円付近を推移していましたが15日の昼頃に一気に75万円近辺まで上昇しました。
その原因はよくわからなかったのですが、日本版コインテレグラフでは以下のように取り上げられていました。

「仮想通貨テザーの信用危機で資金がBTCへ逃避か」(コインテレグラフ 10/15)

内容は以下
  • 銀行とBitfinexの関係に対する疑念が高まっている
  • その影響でBitfinex内でBTCが他の取引所の価格と比べて10%ほど高値で取引されている。
  • 一方で米ドルと1:1の価格で推移するはずのテザー(USDT)が0,92ドルまで下落
  • テザーの値動きに不安を覚えた投資家たちがテザーを売り、BTCを買う動きを見せている
つまり僕が理解した範囲では、「テザーに不信感を抱いた投資家たちがあせって、テザーを売ってBTCを買いに走った」という感じです。

一方では、今回の上昇が大相場の前兆という見方も存在していました。
その見解は、BTCは9月の中旬以降ほとんど横ばいの動きを見せている中での今回の急騰は、一つのシグナルでありこれまで相場自体は下降トレンドにあったもののサポートラインといわれていた64万円は割り込まずにサポートされていました。そして、ここにきての上昇を迎えたので、もう一段高の可能性があるということです。

個人的にも、上記のようにここ最近BTC市場はずっと横ばい状態を維持していたため、エネルギーが蓄積されており、今回の刺激で相場が大きく動く可能性は十分あると思っています。
上下どちらかといえば、上かなーと思っています。確固たる自信はありませんが。
取引としては、上昇スピードが速かったので後手に回ってしまい手が出せませんでした。
そもそも、「上がったら売り、下がったら買う」ことが僕の方針なので、上がったところで買うのは方針に反します。

ところで、今週はリップル社やXRPに関する情報が多かったようです。試験運用の開始や銀行との提携などと様々な情報が飛び交っていました。
去年のこの時期(ちょうど1年前頃)には、XRPに限らず提携や取引所に上場などといったニュースで価格が大きく反応していましたね。10月の初めは20円台で取引されていたXRPが12月には290円台まで、そして年明けの1月には400円目前まで暴騰しました。数か月約20倍です。

しかしここ最近では提携や上場といったニュース単体ではそこまで、というよりもほとんど動かなくなってしまいました。少し残念です。

先週に引き続きXRPのポジションはいまだに保有しています。
利益があるうちに、売り払っちゃおうかな?なんて考えましたが、前回の書いた通り10月25日のカンファレンスの直前で利益確定しようという購入当時の考えを堅持するためにこらえました。初心貫徹です。

途中で買い増しすれば25日に利益が増えるかなと思い、50円を切ったあたりを狙っていました。そして木曜日、ついに48円台まで下落しましたが、いざとなると恐怖感が先にきて手が出せませんでした。やはりそこの度胸がまだ足りない。

その後XRPは再度上昇に転じました。48円台の時に買っておければと後悔しきりです。

これは、格言でいうと「指値は取り消すべからず」ということだそうです。
事前にアクションをとると決めておいた相場(今回の例では50円を切ったあたり)において、実際に相場がその水準にきたときは勢いやほかの材料に惑わされて、初志貫徹できなくなってしまいアクションを取らない(今回の例では恐怖感で身動きが取れなくて買えない)ことがあります。しかし考えてみると事前に決めていた時は冷静に考えたうえでの決断であるため、正しいことが多い。だから、その場での方針転換はすべきではない、ということです。
この考え方は説得力があります。昔の人はうまく言うものだと感心しました。

来週は25日のカンファレンス直前に保有しているXRPをすべて売り払い、新しいポジションを持てればと考えております。

読んでいただきありがとうございました!
また来週もよろしくお願いします!

しょうたのすけ

都内の大学に通う文系男子大学生。物心つく前から外貨資産投資を始め、現在もその含み損をかかえている。今は仮想通貨で一山当てて、来年の旅行の足しにするつもり

アーカイブ