ビットコイン、イーサリアムの乱高下を導いた「DeFiブーム」に潜む光と影

2020-09-14 19:02[ にく

暗号資産(仮想通貨)小噺 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン イーサリアム

ある日、家に帰ると息子がトランプをしようと言ってきました。何ができるか聞くと、幼稚園でババ抜きと神経衰弱をやっていると言います。そこで、神経衰弱をしたところ、なんと5歳の息子に初戦で負けてしまいました。そこから気合を入れ直して2連勝となんとか大人の貫録を見せつけました。しかし、例えばエース1の場所が分かっていて、相手がエース2をめくって失敗したら、まず覚えているエース1をめくって間違えていないことを確認してから、次に相手がめくったエース2をめくるとか、すでに判明している同じカードペアがなければ、まず誰もめくっていないカードから先にめくって、覚えているカードと同じものが出るか試してみるだとか、神経衰弱で大人ならば誰でも知っているセオリーを幼い息子はまだ理解していません。それどころか、息子は、幼稚園では自分はダマしの天才だとポーカーフェースを気取っていますが、小職がうろ覚えでも息子の態度を見ればお目当てのカードがどこにあるか何となくわかってしまいます。結局、大人の狡さで勝ったものの、単純な記憶力ではそろそろ追い付かれてしまっているのかもしれません。

子供ダマしとは言いませんがDeFiブームの中で、問題が露見しているプロジェクトも出てきています。スマートコントラクトにロックした筈の資金を持ち逃げする酷い話も聞きますし、イールドファーミングも借りる方に実需があるならばいいのですが、安く借りて高く貸すことを目的にした人だけで成り立つ市場は、要は先に入った人が後から入った人からお金を得る仕組みで長続きしません。価値があるのかよくわからないトークンが急騰、急落するのも先に買った人が後から入る人からお金を貰える例の仕組みそっくりです。先日もSushiSwapの創始者が自らのトークンを売り抜けようとしたことは記憶に新しいところです。よくプロジェクトが監査を受けているか否かが重要と言われています。しかし、リーマンショックの時に、CDOといったサブプライムローンの上積みを集めて格付け会社にAAAなど高格付けを付けさせていた事例が横行したことで事態が深刻化しました。そもそも、運営側が依頼して行った監査をどこまで信じてよいのかは疑問が残り、無いよりあった方が良い程度と考えるべきでしょう。

DeFiには2つの側面があると思います。即ち、非中央集権で仲介者がおらず手数料が安くなるという面と(建前上)管理者がおらず所属する国がなく、どこの国の規制にも縛られないという面です。それ故、参加者が自由にトークンを上場させることも出来ます。国際的に規制が整備されている日本の投資家からすれば垂涎の的、一刻でも早く参加しなければ乗り遅れる、、、果たしてそうでしょうか。暗号資産を交換所で取り扱う際に厳格な審査を行っているのは、詐欺的なプロジェクトにアマチュア投資家が巻き込まれて大損しないように利用者保護の観点から定められたものです。即ち、規制と言うのは投資家を守るためにあるもので、それが無いDeFiに参加するということは、そうした保護が受けられなくなることを意味します。前述の出口詐欺に遭ったとしても、果たして守ってくれる警察や裁判所があるのかさえ良く分かりません。では、きちんとした交換所や企業が運営するDEXなら安心できるのかと言えば、そうした運営者がいないことがDeFiのメリットだったはずです。

それでも仲介者のいない金融取引と言うのは、仲介者を要さない国際送金が小口の送金ニーズを掘り起こすように、新しい金融の形と実需取引を産み出すかもしれません。個人的には巷に溢れる暗号資産デリバティブをきちんと現物とリンクした先物市場にする、即ち良く分からない建玉手数料を払ってクローズドな交換所内でショートを振るのではなく、きちんと市場から玉を借りてきて空売りをするようになるのであれば大成功だし、それ以外の思いつかないような実需も見えてくるかもしれません。そうした将来性には期待しますが、冷静になってDeFiに参加すれば儲かるというようなうまい話は存在し得ないという金融の基本に立ち返るべきでしょう。これは、金融業界が何度も通ってきた道なのです。

ところで、今週、息子はもう一つ、水中眼鏡をかけて水の中に顔を付けることが出来るようになりました。早速、プールに連れて行くと、5メートルですがバタ足で泳げるようになっていました。そこで、小職とどちらが長く潜っていられるか競走したところ、なんと負けてしまいました。長年の喫煙のせいかと反省しつつ、もう一度、真剣におそらくは30秒以上は潜ってみたのですが、小職が顔を上げてすぐ後に息子が顔を上げて、小職の2連敗です。3度目は水中眼鏡で息子の様子を伺ってみると、何のことはない、息子は小職が水中から顔を上げるまで何度も何度も水中に顔を入れては上げるのを繰り返していたのです。そりゃ、小職が顔を上げる瞬間に顔を入れれば負ける訳がありません。そうでした、息子はダマしの天才だったことをうっかり忘れていました。


スプレッドキャンペーン!【BTC:500円】【XRP:10銭】

にく

前職は外資系金融機関外国為替営業。国内だけでなく海外を仕事(?)で飛び回る日々を送っていた。自らライオンと称しているが、他の動物に例えられることが多い。 好きなものは東南アジア諸国。趣味は早朝ゴルフ。特技はタイ語。

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会