第3の投資家登場、Square社によるBTC購入の意義

2020-10-13 09:27[ にく

暗号資産(仮想通貨)小噺 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン

土曜日に久しぶりにディズニーランドに行ってきました。実は、コロナ休業から再開後のディズニーランドは密を避けるために入場者を制限していて、チケットの入手は困難を極めます。チケットは公式HP上で1か月先まで販売していますが、もちろん土日は全て完売です。毎週水曜日の午後4時から1か月先の1週間分の予約がリリースされる仕組みです。因みに既に10月は平日も含め全て完売、11月も土日は完売です。そこで次の枠が販売開始される水曜日の午後4時から半日くらいは購入サイトへアクセスが非常に難しくなります。これ以外にもディズニーホテルに宿泊したり、提携ホテルに泊まってチケットが購入できるプランもありますが、ものすごく高いか売り切れているかです。
では今回どうして購入できたかと言えば、台風が来たからです。実は土曜日は子供の運動会が予定されていたのですが、この様子だと中止になりそうだと予想、ディズニーのサイトを見たら、台風でキャンセルが出たせいなのか不明ですが、それまで売り切れだった土曜日のチケットを再販売していたので、すぐ押さえた次第です。勿論、降水確率100%でしたが、1か月前の予約に成功しても雨が降るかもしれない訳で乗り物さえ動いていたら何とかなるし、むしろ空いているかもしれないと考えました。この予想は大当たりで、感染防止のためか雨のためか土曜日としてはあまり見たことのないような空きっぷりで、小雨の中のビッグサンダーマウンテンは待ち時間ゼロでした。それ以外にもスプラッシュマウンテンとスペースマウンテンに20分程度待ったくらいで、乗り物も全部とまではいきませんでしたが主だったところは制覇できました。
ところが、今回の目的の一つである美女と野獣のエリアに最後に訪れたところ、乗り物は全部抽選で残り少ない時間で参加してみましたが、全部はずれ、現地のお土産屋もレストランも全部予約でいっぱいで入れませんでした。果たして朝一にこのエリアに向かってきていたからと言って抽選に当たったかは不明ですが、我が家が何も考えずにカリブの海賊からジャングルクルーズ、ビッグサンダーマウンテンと反時計回りにパークを散策しているところ、通は真っ先にこのエリアに向かっていた模様です。よく考えれば、今日パークにいる人たちは、あの繋がらないサイトを連打し続けてプラチナチケットを手に入れた猛者か年間パスポートを保有し厳しい抽選を勝ち抜いた経験豊富な人々かオフィシャルホテルに宿泊し10万円近くの費用を惜しげもなくパークにつぎ込んだフリークな訳で我が家などは足元にも及ばない上級者ばかりで、我が家も台風接近の日を狙って人々の裏をかいたつもりだったのですが、上には上がいたというか、我々にも見落としがあったようです。

見落としと言うほどではありませんでしたが、BTC相場もここまで強いとは思っていませんでした。原因はTwitter創業者のジャック・ドーシー氏がCEOを務めるSquare社による50百万ドル相当のBTC購入です。勿論、50百万ドルという規模の問題ではありません。MicroStrategyの購入は8月に250百万、9月に175百万ドルと合計425百万ドルで、それと比べると今回の購入は金額的には小粒と言えます。しかし、今回の50百万ドルの購入でBTC市場は111万円から121万円まで上昇しています。これは何故でしょうか?
従来、個人中心だったBTC市場では法人の資金、特に機関投資家の資金が流入してくることが期待されていました。CMEの先物やETFやBakkt、GrayscaleのBTC Trustなども現物を保有したがらない機関投資家が参入しやすいインフラを整備しようという試みでした。では個人はどうかというと、個人の多くは交換所に預けっぱなしにしています。勿論、自前のウォレットで管理している人もいますが、自己責任と手間との天秤で交換所のリスクを受け容れている訳ですが、人様からお金を預かって運用している機関投資家からすると、交換所の信用リスクを取るのは容易ではない訳です。
機関投資家には主に年金・生保・投資信託などが挙げられ、ヘッジファンドもその一種です。人々からお金を預かって運用しているのが特徴です。規模も大きく。GPIFだけで160兆円を運用しています。日本の個人の保有金融資産は約1900兆円、非金融機関の保有金融資産が1200兆円に対し、金融機関の保有金融資産は約4200兆円になりますが、金融機関の保有金融資産のうちどこまでを機関投資家と呼ぶのかという線引きは人によって曖昧です。
今回のSquareに戻ると、この動きを機関投資家の参入と混同している議論も見られますが、そうではありません。MicroStrategyとSquareは企業が保有する自己資金を運用している訳です。即ち、これまで、個人投資家と機関投資家に注目が集まっていましたが、企業の自己資金運用という新たなカテゴリーが出現して、期待感が増している訳です。全米の非金融企業の保有金融資産は約3000兆円で、そのうち今回の2社の投資額は合計で500億円。全体の0.0017%です。金投資などインフレヘッジがテーマの一つとなっている米国で、この2社に続き動きが現れる可能性が高いと見て期待が高まっています。
機関投資家の参入の話で、伝説の投資家、ポール・チューダー・ジョーンズといったグッドネームが参入すると他のファンドマネージャーを刺激すると申し上げましたが、Twitterのジャック・ドーシーも暗号資産業界でグッドネームと言え、これに追随動きが1社もないと考える方が不自然と考えます。

翌日、七五三の写真を撮りに行ったところ、娘は着物と黄色いドレスを選んできます。てっきり、アナ雪や白雪姫の衣装を選ぶと思っていたので、こんなのでいいのだと思っていたら、なんでも黄色いのはベルと言って美女と野獣のヒロインの衣装だったようで、どうやら娘の関心はアナからベルに移っていたようです。次回、ディズニーランドを訪れる際には作戦を練って、何とか美女と野獣のアトラクションに連れて行こうと思います。


にく

前職は外資系金融機関外国為替営業。国内だけでなく海外を仕事(?)で飛び回る日々を送っていた。自らライオンと称しているが、他の動物に例えられることが多い。 好きなものは東南アジア諸国。趣味は早朝ゴルフ。特技はタイ語。

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会