ビットコイン相場、次はいつ、どれだけ上がるのか?

2020-11-17 10:52[ にく

暗号資産(仮想通貨)小噺 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン

年長の長男は鬼ごっこが大好きです。幼稚園でいっぱい鬼ごっこが出来れば機嫌が良く、出来なかった時は家で荒れがちです。先日、清水公園に行った時も、どこからか鬼ごっこをする仲間を見つけ、ポニーに乗らないかと声をかけても、いま鬼ごっこしているから忙しいと断られました。特に小学生を見つけて鬼ごっこをしてもらうのが好きで、先日の運動会の待ち時間(密を避けるために1学年ずつ徒競走やお遊戯をするので、下の子が競技をしている間、隣の公園で遊んでいる)の際も小学生のグループにひたすらついて行き、追いかけられてもないのに一緒に逃げたりを繰り返し、最終的に鬼ごっこに入れてもらったりしていました。ただ、問題は勝手にお友達を鬼に指名する自分勝手なクセがあり時々子供同士のトラブルを引き起こしています。誰に似たのだろうと考えると、思い当たる節がありました。
小職は年長まで東京で過ごし、小学校入学と同時に父の実家のある滋賀県に引っ越しました。最初は虫取りやザリガニ釣り、森の探検など東京で出来ない遊びに夢中でしたが、次に熱中したのが「じらこ」でした。ルールをざっと説明しますと
〇参加者は2チームに別れそれぞれ陣地を決めます。遊具とか大鉄棒だとか。自陣地に触れている場合は無敵で捕まりません。
〇チーム内で一人「前(元帥)」を決め、残りは「後ろ」と「横」のどちらか。「後ろ」と「横」の割り振りは自由。帽子の向きで振り分けし、敵味方は帽子の表裏で選別します。
〇「元帥」は「横」を捕まえられ、「横」は「後ろ」。「後ろ」は「元帥」という三すくみ。
〇「元帥」が捕まれば負け。相手チームの「元帥」を捕まえれば勝ち。
〇「横」と「後ろ」は捕まると相手陣地に連れて行かれます。まだ捕まっていない味方がタッチしてくれれば開放されます。なので、捕まった味方同士で手をつないで相手陣地から助けを求めます。
鬼ごっこに戦略性を求められるもので、小学校3-4年生の頃は昼休みだけではなく、休日も毎週のようにクラスの皆に電話をかけて小学校に集まって遊んでいました。というのは元帥を横が守り、相手の横を切り崩した隙に後ろが特攻をかけるなど戦略性高く遊ぶには少なくとも10人以上必要になるからです。父が単身赴任で、兄や姉は部活や受験で忙しく、家族で出かけるようなことが殆どなかったことも影響していたのかもしれません。いつも言い出しっぺで、すばしっこく、何よりも戦略性があった小職は常に元帥でしたが、息子を見ていて、それだけではなかったのかもしれないと反省する次第です。因みにWikipediaで調べて判明したのですが、世間では水雷艦長だとか駆逐戦艦という呼び名が一般的で、「じらこ」というのは我が街だけで通用する方言だったようです。
鬼ごっこ好きといい、ガンダム好きといい、息子を見ていると昔の自分を見ている様で面白いのですが、時代を超えて同じパターンを繰り返すという意味でテクニカル分析に似ている気がします。そこで、直近の相場動向をテクニカル的に見て、いつ、どこまで上がるのか占ってみたいと思います。実はアカデミックな理論ではテクニカル分析の有効性はあまり高いものではない様子ですが、BTC市場に関しては有効とするものが多いようです。小職の感覚ですと、上下のダイレクションはファンダメンタルズ分析の方が勝るが、テクニカルは、いつ、どこまでといったより精緻な分析が可能となる感じです。

上は直近のBTC相場の三角持ち合いを示したもの。16000ドルのレジスタンスをブレークし、16000ドルがサポートとなりつつある状況です。ここを抜けたので、セオリーで行けば、三角持ち合いの入口の値幅2000ドル上、即ち18000ドル辺りが次の目途となりそうです。では次の上昇のタイミングはいつ頃なのでしょうか?

これは伝統的なテクニカル分析と言うより、最近のパターンを分析したもの。11100ドルのレジスタンスをブレークすると、次はその水準がサポートとなり11日後に次のレジスタンス12000ドルをブレーク。1日で13000ドルに到達すると、徐々に13000ドルがサポートに変わり14日後に14000ドルをブレーク。一気に16000ドル手前まで上昇するとじりじりと16000ドルをサポートに変えつつあります。この階段状の相場パターンが続けば、前回急騰した11月6日から11日から14日後、11月17日から20日の間に18000ドル近くに上昇しても不思議はないことになります。
まあ、これは単にチャートに線を引いてみたり、今までのパターンを示しただけで、未来が必ずそうなる訳ではありません。しかし、こうした相場展開になるのは、BTCには理論価格が無く、人々が下がると思えばいくらでも上がれる(逆もある)のですが、急に上がった後は、少し参加者の目が慣れるのに時間を要すため、こうした水準で足踏みしているのかもしれません。またテクニカル分析は自己実現的な要素があり、市場参加者がそう思うからそうなるという側面もあります。そういう意味では、この水準は利食い売りの目安ともいえるかもしれません。
因みに、自分の子供の頃と息子と大きく異なるのが、食の細さというか食に対する貪欲さの無さです。食事もラーメン、唐揚げ、カレー以外であれば、おかずも食べずに白いご飯だけで満足しています。食欲と言う面では、小職にそっくりな長女と正反対です。ここだけは逆だった方が良かったのかもしれません。

にく

前職は外資系金融機関外国為替営業。国内だけでなく海外を仕事(?)で飛び回る日々を送っていた。自らライオンと称しているが、他の動物に例えられることが多い。 好きなものは東南アジア諸国。趣味は早朝ゴルフ。特技はタイ語。

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会