ビットコインバブルの予測

2020-12-02 11:43[ 岩壷健太郎

岩壷教授の経済教室 暗号資産 仮想通貨

岩壷教授の経済教室 第15回


ビットコイン価格が2017年12月につけた史上最高値を更新し、今回の急騰はバブルの再来なのかが注目されています。それに伴ってSNS上では最近、ビットコインの4年周期アノマリーが話題になっています(川崎ドルえもんのTwitterより)。前々回の高値はMt.Gox事件の直前の2013年11月で、前回の高値はその4年後の2017年12月でした。ビットコインには半減期というものがあり、マイニング報酬が約4年ごとに半減していきます。前回の半減期は2020年5月に終えており、半減期の周期とビットコインが高値をつける周期が完全に一致しているわけではありませんが、次の高値は今年の年末ではなく来年の年末で、それまでは上昇トレンドが継続するのではないかというのが4年周期アノマリーに基づいた予想です。

 しかし、このように生産コストと価格の関係に着目してバブルを予見するというアイデアは学問の世界にもあります。今回は、ビットコイン市場の好況(Bull)と不況(Bear)の予測に関するXiong, Liu and Zhao (2020)の論文を紹介しましょう。

 ビットコインの本源的価値(intrinsic value)が生産コストと使用価値から成ると仮定します。生産コストはマイニングのための電気代、マイニングマシンの管理費、マイニング設備の購入費を含みますが、最も費用がかかるのがマイニングにかかる電気代ですので、電気代を生産コストの代理変数とみなします。ビットコイン価格を電気代で除した値を価格電気代比率(PECR)とすると、価格電気代比率が1を超えて大きくなるほど価格が過大評価されており、1を大きく下回るならば価格が過小評価されていることになります。図1ではビットコイン価格がおおむね価格電気代比率(PECR)と連動しており、2018年初頭に両者がピークをつけていること、そして2017年初から2018年央まで長きにわたって価格電気代比率が1を大きく上回っており、価格が過大評価されていたことが示されています。

 また、ビットコインの本源的価値の要素である使用価値の代理変数としては、取引高よりも(重複を控除した)取引口座数が適しています。図2はビットコイン価格と取引口座数の推移を表したものですが、図1と同様に、ビットコイン価格のピークと取引口座数のピークが一致しており、おおよそ連動しています。グレンジャー因果性分析という時系列分析でも、取引口座数がビットコイン価格の予測に十分な情報を含んでいることが示されています。

 さらに、興味深いのは、対数周期的べき乗則モデルに当てはめると、次の高値が2020年11月であると予見している点です。この論文が書かれたのが2020年7月であり、6月の戻り高値から下落している時期でした。2020年5月に半減期を迎えて、年内に高値を付ける確率がかなり高まっていると結論づけています。このような予測が多くの投資家に受け入れられるようになると、逆に実現しなくなるのがマーケットの常ですが、投資家の関心を集めそうな予測手法です。

図1 ビットコイン価格と価格電気代比率(PECR)

図2 ビットコイン価格と取引口座数(n)



参考文献
J. Xiong, Q. Liu, L. Zhao (2020), “A New Method to Verify Bitcoin Bubbles: Based on the Production Cost”, North American Journal of Economics and Finance, 101095.

岩壷健太郎 (いわつぼけんたろう)

岩壷健太郎

神戸大学大学院経済学研究科 教授 早稲田大学政治経済学部卒業、東京大学経済学研究科修士課程修了、UCLA博士課程修了(Ph.D.)。富士総合研究所、一橋大学経済研究所専任講師を経て、2013年より現職。財務省財務総合研究所特別研究官、金融先物取引業協会学術アドバイザー、日本金融学会常任理事を兼務。為替、株式、国債、コモディティの各分野で論文多数。主要著書として、『コモディティ市場のマイクロストラクチャー』など。

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会