マーケット情報

2018.10.31【JPMがBakkt活用との観測記事】

2018-10-31 08:06[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン


通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 708,725 22,315 50.1 47,105 5,547
前日比 +1.1% +0.5% +0.8% +0.1% +0.2%
BTC:ビットコイン ETH:イーサリアム XRP:リップル BCH:ビットコインキャッシュ LTC:ライトコイン

Review

コインチェック口座開設再開

昨日のBTC相場は前日の急落を受け小反発、底堅い展開となった。韓国系企業によるBitstamp買収や日経による「仮想通貨課税漏れ対策強化」報道を嫌気してか70万円割れとなるも、その水準では底堅さをみせ、前日報道されていたカナダの小規模な交換所が閉鎖されていたツィッターを再開するとじりじりと値を上げ始め、コインチェックが新規口座開設を再開、マネックス株がストップ高を付けるとBTC相場も71万円を伺う展開に。しかし利食いに押されて同社株が失速、またイエレン前FRB議長がBTCにネガティブな見方を示し、コインベースがEラウンドの資金調達を発表した結果、数日前のCNBCがスクープ報道したIPOでは無かったことが判明、上値を重くしたが、JPモルガンがBakktを活用するとの観測記事もあり底堅さを保っている。

Outlook

Bakktの意味するもの

本日のBTC相場は底堅い展開を予想する。昨日も述べた通り日経の報道は交換所に任意で求めていた情報提供に法的根拠を課すもので、透明性向上の面からすればプラス材料。レンジの上値に張り付いて溜まったポジションが一度ガス抜きしたと見るべきか。むしろ注目すべきは70万円での底堅さと考える。ABACUS JOURNALによるJPモルガンがBakktを活用かという記事は自ら“観測”と題するなど内容は不確かなものだが、同社従業員のコメントとしてBakktはクリアでクリーンな規制されたBTC市場を提供すると述べている。Bakktのこうした市場浄化作用への認識が深まるにつれ、相場は徐々に上振れし始めると考える。

FXcoin Daily Report 2018.10.31.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ