もし緊急事態宣言が発出された時のビットコイン相場へのインパクトは?

2021-01-04 20:10[ にく

暗号資産(仮想通貨)小噺 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン

年末にケルヒャーの高圧洗浄機を購入しました。たまにテレフォンショッピングで紹介されている、水を吹きかけるだけで車や壁がきれいになる、黄色いやつです。我が家の玄関に繋がるアプローチの白い石畳が汚れていて、いつか高圧洗浄機を購入してきれいにしたいと思っていたのですが、衝動買いをするには少し値段が高く、購入を先送り。その結果、きちんと石畳を掃除しないまま5年が経過、すっかり灰色になっていました。今回、GoToキャンペーンが停止され、息子の誕生日に泊まるはずの富士急ハイランドのホテルをキャンセルした結果、時間もお金も浮いたので、念願のケルヒャーを購入する事にしました。

ただ、以前に高圧洗浄機でなくホースリールを購入して石畳を掃除しようとしたけれど、ホースが蛇口に合わずに断念したことがありました。そこで、ホームセンターでどれを買えばいいのか聞くのですが、これがなかなか要領を得ません。本体だけ購入して大丈夫なのかと店員に聞くと、耐圧ホースが必要なので別の売り場に行けと言います。その売り場に行って別の店員に聞いてみると、どのホースなら対応可能か、高圧洗浄機売り場の担当に電話で聞く始末。そこで勧められたホースを購入して家に帰ってみると、ホースの片方についたシャワー口が外れずケルヒャーにくっつきません。急いでお店に電話して交換してもらい、家に帰ったら、もう暗くなっていました。仕方なく道路に面した一部分だけ試しに使ってみて、そのまま元旦を迎えました。

朝起きて驚いたのが、その効き目の凄さで、ケルヒャーで掃除した部分だけ見事に白く光っています。その結果、まるでパンダの様に掃除した部分としていない部分とが分かれてしまい、かえって掃除していない部分の汚れが目立つ結果となってしまいました。これはまずいと元旦の朝に残った部分も掃除したところ、見事に白い石畳が出現。特に生まれてから、きれいな石畳の姿を見たことがない3歳になる長女は、本来の色を見て、おうち白かったんだ、と驚いていました。

そんなこんなでコロナ下で帰省も遠出もしない久しぶりのゆっくりしたお正月を過ごして仕事始めを迎えたのですが、今度は1都3県で今週中にも緊急事態宣言発令を検討との報道、お正月気分が吹っ飛びました。昨年のBTC相場はコロナショックとロックダウンで失われた需要を押し返そうとした巨額の財政支出とそれを支えるFRBなどの無制限緩和の政策ミックスに不安を覚えた米HFなどがインフレヘッジとして買い始めた事で3万ドルを超えています。今回、もし日本で再度、緊急事態制限が出たらどうなるか、前回の緊急事態制限時を振り返りながら考えてみたいと思います。

前回の緊急事態宣言は昨年の4月7日から5月6日までの1か月間、関東の1都3県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、関西の大阪府と兵庫県、そして九州の福岡県を対象に発出されました。4月16日には全国に拡大され、5月4日には5月31日まで延長されました。しかし5月14日に東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、兵庫、北海道の8都道府県以外の39県で解除、続く25日に全国で解除されました。この間、48日間、全国が対象だった期間は28日間でした。

これによって失われた需要を埋め合わせるべく、政府は3度の景気対策を行います。4月の1次補正予算で28兆円、5月の2次補正では33兆円、そして12月の第3次補正が32兆円、真水部分で合計93兆円の財政支出(内閣府など、一部重複あり)を決定、財源は全て国債となっています。この対策がどれだけ効いているのか名目GDPの前年同期比で比べたのが下の表。

緊急事態宣言があった第2四半期に名目GDPが前年同期比で12.5兆円減少しています。Q3にも回復しきれず同6.3兆円の減少、コロナショックと自粛が始まったQ1も同1.6兆円、この合計20.4兆円がコロナによる需要減ということになります。内訳を見てみると、やはり家計消費が75%を占めています。これに対し公的需要は直近3四半期で2.5兆円増で、まだ景気対策が十分に消化しきれず、需要減を押し返しきれていない状況が見て取れます。

更にインフレとの関係で注目すべきは日銀のベースマネー(日銀当預残高+現金)。日銀が発行した円の残高です。これをベースに民間金融機関が信用創造して市中に流通するお金の量が決まります。上図ではそのベースマネーがアベノミクスで100兆円台から500兆円台に拡大、その後、増加ペースがなだらかになっていましたが、コロナショック後の金融緩和で約90兆円増えています。これでもインフレが起こらないのは大したものですが、このまま無限に増やしていけばどこかでハイパーインフレが発生することは自明です。

即ち、前回の1か月半の緊急事態宣言で名目GDPは20兆円失われ、それを跳ね返すために約90兆円の財政支出と赤字国債の発行、そして日銀による購入が行われていることが分かります。それでも完全に押し返しきれていないのが実情です。あくまで机上の計算ですが、今回1都3県で新たに1か月の緊急事態宣言が発出された場合、この3県のGDPは全国の1/3(平成29年内閣府)、期間は前回の2/3なので約4.4兆円のGDPのマイナスとなり、これを打ち返すのに約20兆円の財政支出と金融緩和が必要となり、2か月ならその倍になることになります。BTC相場との関係で言えば、例えば休業補償などが議論に上がっていますが、こうしたものは全て(税金ではなく)赤字国債と日銀の購入に支えられていると気にし始めるかどうかにかかっていると思われます。

お正月と言えばお年玉ですが、今年は郵送でやってきました。なんだか味気ないと思いましたが、6歳になった長男にとっては嬉しいみたいで、小職のお古の財布に入れて喜んでいます。うーむ、やはり、日本人の感覚からは、その金がどこから来ようが、誰がくれようが、関係ないのかもしれませんね。

にく

前職は外資系金融機関外国為替営業。国内だけでなく海外を仕事(?)で飛び回る日々を送っていた。自らライオンと称しているが、他の動物に例えられることが多い。 好きなものは東南アジア諸国。趣味は早朝ゴルフ。特技はタイ語。

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会