BTC相場はバブルなのか?過去のバブル相場から読み解く、現在地点。

2021-01-19 10:37[ にく

暗号資産(仮想通貨)小噺 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン

家でカニを飼っています。8月に房総で捕まえた磯ガニです。この磯ガニの飼育というのが意外と大変で、海にいるカニなので、水は原則として塩水が必要となります。塩水と言っても、水道水に食卓塩を混ぜればいいと言いうものでなく、ペットショップできちんと海水の素を購入、決められた割合を守らなければいけません。水道水を1日置いてカルキ抜きをすることも必須です。サンシャインや墨田水族館は海水をどうしているのだと疑問に思ったりもします(正解は海水を運んできて、少しずつ混ぜているそうです)。また、こまめに新鮮な水と変えておかないとエラ呼吸であるカニは息が出来なくなってしまいます。その結果、我が家では水槽を2つ用意して、カニがいない方の水槽で翌日分の水のカルキ抜きや砂利洗いを実施、2日に1回のペースでカニをお引越しさせるというかなり手間な作業を行っています。そんな複雑なオペレーションを幼稚園児が出来る訳もなく、家内がお世話をしています。水槽の中には陶器製のカニの住処があって、その中にカニがいる時は住処ごと家内が移動させるのですが、カニが住処から出ているときは小職にお声がかかります。うまく捕まえられればいいのですが、失敗するとハサミで指を挟まれます。心なしか、最近挟む力が強くなってきた気がしています。

ここまでの世話の仕方は家内がネットで調べたり、ペットショップで話を聞いてきたりと独学で学んできたもので、日々のめり込んでいく姿が分かります。エサも、当初は100円ショップで買ったザリガニのエサの残りだったのが、ワカメやチクワ、最近では味噌汁用の乾燥アサリを小さく切って水で戻して与えたりして、最近はカニもグルメになってきたなどと意味不明なコメントをします。このところ息子が水生生物に興味を持ち始め、休みの日は公園でサイクリングか水族館かの2択になりつつあるのですが、水族館でも飼育員に声をかけカニ談義を始めたりします。飼育員さんの脱皮はしましたかとの問いに、2回しましたと答えたところ、それは凄い、よほど飼育環境が良いのですね、と褒められ、嬉しかったのか帰りの車の中で何度もその話をします。どおりで、小職の指も痛い訳です。因みに家内はこの飼育負担から逃れるため、早くカニを海に返したいと思っていて、2021年の我が家のテーマは、息子が小学校に上がることと、緊急事態宣言が解除され、GoToが再開して、房総にカニを返しに行くことです。

ところで、2021年の市場のテーマは何でしょう。バイデン新政権も景気対策やFRBの金融政策に関しては先週少し方向感が出てきました。コロナの状況とワクチン接種の進捗も大きなテーマでしょう。コロナ下でもバブル後最高値更新を続ける日経平均の行方でしょうか、バイデン氏の就任演説でしょうか、ジャック・マー氏の行方でしょうか。個人的に、「最も」とまでは言いませんが、BTC相場がどこまで行くのか、これも結構、注目されている市場のテーマだと思っています。BTC市場は「バブル」なのか、について、裏付けの無いBTC相場はオーバーシュートし易いという意味で「バブル」を形成しやすいと言えるかもしれませんが、デジタルゴールドとしてインフレヘッジという資産クラスになりつつあるBTC相場が急騰するのは自然なことだと考えていて、そういう意味で今の相場は「バブル」ではないと考えています。そういった言葉の定義の問題は置いておいたとして、上がったものはいつかは下がるというのが相場の常であり、今の相場が3合目なのか、5合目なのか、8合目なのか、それとも頂上を過ぎているのか、知りたいところです。先週は2017年のBTC相場から分析しましたが、歴史が浅いBTC市場では多くのデータが得にくいという事情があります。そこで、過去のブームというか、バブル相場がどういう経路を辿ったのか調べてみる事にしました。











上は、2017年のBTC相場と、2000年前後のNASDAQ(ITバブル)、2015年の上海株、1990年前後の日経平均、リーマンショック後のGOLDなどの推移です。それぞれ資産クラスも時期も期間もまるで違うのに、結構似たような相場展開を見せています。NASDAQと上海株など、殆ど見分けがつきません。その上海株はあまり大きな調整なく、するすると上昇していきましたが、それ以外のアセットについては、調整幅に関しては、それぞれのアセットによって異なる様ですがピークまでの上昇局面で2-4割程度の調整を見せています。注目すべきは、そうした調整が上昇相場の結構、初期の頃、即ち3合目から5合目にかけて出現している様です。またピークアウト後の相場も、下落幅はまちまちですが、それまで無かったような下落(BTCの場合は4割超)を見せ、そこから一旦戻すのですが、前回高値を上回れずに2度目の急落を迎えると、大体似た動きをしています。まだピークには早いと思っていますが、いつかピークアウトする時は現れるので、今年のBTC相場は委縮せず、しかし適度に恐れて、立ち向かうのがいいのかと思います。

因みに、カニの話ですが、野生のカニは寒くなると活動量が落ちて土の中などに冬眠するそうですが、飼育の場合、冬眠に失敗すると死んでしまう場合もあるそうで、その為に暖かいところにおいて冬眠をさせない方法もあるそうです。ということで、我が家のカニの水槽は階段の踊り場、小職が寝ているすぐそばに置いてあります。もう殆ど家族です。そう言えば、水族館の飼育員がエサは魚の切り身を小さく切って与えると良い言いと言っていました。どおりで道理で家内が小職用と言ってサバやカレイを買っていました。カニが小職の残り物を食べているという見方も出来ますが、奴には生で与える訳ですから、小職がカニの余り物を食べているのかもしれません。

にく

前職は外資系金融機関外国為替営業。国内だけでなく海外を仕事(?)で飛び回る日々を送っていた。自らライオンと称しているが、他の動物に例えられることが多い。 好きなものは東南アジア諸国。趣味は早朝ゴルフ。特技はタイ語。

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会