マーケット情報

2018.11.06【SEC より明確なルールを発表へ】

2018-11-06 08:02[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン リップル


通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 722,611 23,524 54.8 62,664 6,047
前日比 ▼0.3% ▼0.5% +4.2% ▼1.0% ▼0.6%

BTC:ビットコイン ETH:イーサリアム XRP:リップル BCH:ビットコインキャッシュ LTC:ライトコイン

Review

MUFG Zaifハッカーのアドレスを特定

昨日のBTC相場は73万円近くまで急騰後も底堅い値動きを見せた。分裂騒動の渦中にあるBCHをBinanceやCoinbaseら大手交換所が分裂した通貨も保有者に付与する方針を示したこともありBCHが急騰、アルトコインも連れ高となる中、BTCは上値の重い展開を見せていたが、裏付けとなるドル預金を公表後落ち着いていたテザーが再び下落すると市場は買いで反応、73万円近くまで上昇した。その後、テザーが1ドル付近まで値を戻すもBTCは底堅く推移したが、MUFG傘下のJDD社がZaifハッカーのIPアドレスを特定したとのニュースにも反応薄。SECのコーポレートファイナンスディレクター・ヒンマン氏が近日中に仮想通貨やカストディーに対するガイダンスを発表すると上値を重くするも、XRPの上昇もあり72万円付近では底堅さを見せた。

Outlook

XRP主導の上昇も

本日のBTC相場は底堅い展開を予想する。昨日のBTC急騰の直接のきっかけはテザーの急落だったが、テザーが値を戻してもBTCは底堅さを見せた。引き続き、底堅いが上値の重い展開が続いているが、昨日のZaif捜査の手がかりが見つかったことやSECによる平易な英語によるICOガイダンスなど新たな規制発表の動きは、上値ブレークに必要な市場の信頼性回復に資するもの。コインテレグラフの取材でリップル社のコーリー・ジョンソン氏はXRPは証券でないと主張。もう一つの上昇要因として実用化を牽引するXRPは力強い値動きを見せている。こうした動きが仮想通貨相場全体を牽引すると考える。

FXcoin Daily Report 2018.11.06.pdf


 

 

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ