銀行による暗号資産保有を促進するか、バーゼル委員会がリスクウエート案を公表

2021-06-17 15:51[ 松田康生

トピック 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン

バーゼル銀行監督委員会(以下、「バーゼル委」)は6月10日、「暗号資産エクスポージャーに係る慎重な取扱い」(原題:Prudential treatment of cryptoasset exposures)と題する文書を公表した。銀行の暗号資産保有に対し非常に厳しい規制を課したというニュアンスの報道も散見されるが、本稿ではその内容と影響について考察する。

 1990年代後半から2000年代初めにかけてリスクアセット(RWA:Risk Weghited Asset)という言葉に日本の金融界のみならず経済界も翻弄された。1988年7月にバーゼル委は国際的に業務を行う銀行の自己資本比率を8%以上とすることで合意した(バーゼルⅠ)からだ。

 その自己資本比率は、分子が自己資本、分母が総資産のリスクの大きさを示す数値として計算される。総資産については資産の質に応じて掛け目が定められ、。例えば、高格付けの自国通貨建て国債や現金などは0%、住宅ローンのような担保がデフォルト率が低い債権は50%といった具合にだ(その後、掛け目は細分化される)。リスクの低い資産を持てば総資産リスク値を圧縮し、自己資本比率が高まる仕組みだ。日銀のHP上で公開されている資料によれば、当初の掛け目は0%、10%、20%、50%、100%の5種類のみで100%を超えるものは無かったようだ。しかし、その後、リスク評価が高度化・細分化するに従い100%を超えるアセットクラスが誕生、金融庁の資料によればバーゼルⅢでは銀行の政策保有株式の掛け目は最終的に250%まで引き上げられることとなっている。因みに、この自己資本規制はかつてはBIS規制と呼ばれていたが、これはバーゼル委がBISの中に事務所を置いていることに起因するもので、バーゼル規制とした方が正しい。

 今回のリスクウエート案では、暗号資産を①トークン化されたアセット(STOのイメージ)②ステーブルコイン③BTCなどそれ以外の3つに分け、①と②は原資産のウエートを使用可とし、③のいわゆる暗号資産は1,250%に設定した。このリスクウエートは自己資本比率を計算するためのもので、すなわち1,250%×8%=100%で、銀行がBTCなど暗号資産を保有する場合は、資産と同額の自己資本を保有する事を義務付けた格好だ。このかつてない高い掛け目の設定を受けて、非常に厳しい規制と報じる向きもあったが、BTCでさえ1-2週間で半分になってしまう(逆に2倍にもなる)ボラティリティを勘案すれば、そう違和感はないと言えよう。因みにステーブルコインと見なされるには厳しい審査があり、原資産との価格乖離が0.1%を超えることは年3回しか認められず、またアルゴリズム型のようなものは認められないなど、ハードルはかなり高い様だ(認められなければ暗号資産と同じ1,250%が適用される。なおCBDCは今回規制の対象外)。

この記事は当社会員専用です。ログインしてご覧下さい。

当社会員でないお客様は、口座開設が必要です。

松田康生 (まつだやすお)

営業推進部 部長代理

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通
twitterアカウント:@FXcoin_matsuda

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会