DeFiプロトコルAaveが機関投資家”専用”マーケットを構築する背景

2021-07-15 11:15[ Fracton Ventures

Fracton Ventures Report DeFi NFT ブロックチェーン

DeFi(分散型金融)プロトコルの中でも、ここ最近盛り上がってきているように思える領域が機関投資家を巻き込むDeFiプロトコルや、DeFiへの接続手段の提供サービスです。

当コラムでは過去にも”DeFiに触手を伸ばす、機関投資家の狙い”(2021年6月15日付)というタイトルで機関投資家の動きをご紹介してきましたが、2021年7月また新しい動きが見られました。かなり上手な規制へのアプローチを展開しているように見えるチーム、会社が今回ご紹介するAave(アーヴェ)です。


出典:Aave(https://aave.com/

AaveはMakerDAOやCompoundと同じように名前が知られた歴史を持つDeFiプロトコルです。
また、AaveはDeFiプロトコルを構築しているチームとして知られており、以下のプロトコルやサービスを別々の形態にて提供、開発を行っています。

これまでに下記上段2つのAaveプロトコルとAaveイギリス法人における電子マネーライセンスの取得について報道されていました。今回新たに、Aaveチームが手掛けるAave Proという機関投資家向けのAaveプロトコル活用プロダクトが2021年7月下旬から提供されることが発表されています。


*¹出典:https://www.theblockcrypto.com/post/75845/aave-uk-fca-emi-license-defi

現状機関投資家がDeFiに流れてくるメリットとデメリットを整理すると以下の通りです。

Pros:

・DeFiプロトコルを経由することで得られる金利を高くすることができる可能性
 (手元の不動暗号資産の運用、収益化)

Cons:

・DeFiプロトコルを介した攻撃などを行う、攻撃者の資産と同じプールなどで機関投資家の資産が決済される恐れがあること(コンプライアンスリスク)
・DeFiマーケットに接続する際の、個別の国の法律への準拠への対応コスト
・預けている資産が攻撃などに合う可能性などを加味した事業リスク

今回のAave Proから読みとることができるポイントとしては、Aaveプロトコルを設計、構築したAaveチームが提供するAaveプロトコルを活用した機関投資家向けのAaveプロトコル活用プロダクト提供という決定をしている点が新しいと言えます。つまり、これはAaveの最大の特徴であるプール型でのDeFiレンディングサービスが肝であるポイント、システムアーキテクチャを活用しながらも、一定のリスクへの対応として一般顧客が用いるDeFiサービスとは分けた別の機関投資家用のプールを構築したということではないでしょうか。

また、実際に今後Aave Proがどのようなプロダクトになるのかは、一般投資家用のAaveプロトコルとの差分を見ていくことになろうと思いますが、全く同じ設計でも需給により一般投資家用のAaveプロトコルとAave Proで金利差が発生する可能性などがあり、その点も注目されます。

なお興味深い点としては以下のブロックチェーンメディアで触れている部分です。
https://finance.yahoo.com/news/aave-debut-institutional-defi-lending-154914554.html

Aaveプロトコルにおけるガバナンスへの参加を与えるネイティブトークンであるAaveトークン保有者がAave Proでも権利行使できると読める一文です。Aave Proのガバナンスは”Aaveトークン保持者によって”管理されると紹介がされており、このようにDeFiでは今までの企業がプロダクトを管理するモデルから、プロトコルと呼ばれる公共性の高いインフラストラクチャーとそのガバナンス権利のみをネイティブトークン(ガバナンストークン)として切離してコミュニティがプロトコルを管理していくモデルへと、大きな変貌を遂げています。

このように、DeFiプロトコルはより公共性的なインフラストラクチャーとなり、より多くの機関投資家向けのサービスとして、時にオリジナルがそのまま、また時に同じシステムを別の形で提供されて組み込まれていくことになるでしょう。このようなAaveチームのチャレンジはDeFiの今後、拡張性を占う上でもとても大きな指標になることは間違いありません。

Fracton Ventures (フラクトン ベンチャーズ)

Fracton VenturesはWeb3.0の未来を支援者ではなく貢献者として共創していく専門家集団です。Web3.0社会の実現に向けてグローバルエコシステムの一助を担うべく活動を行うと共に、サステナブルかつオープンなプロトコルを育てる為のトークン設計を行っていきます。

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会