ブロックチェーン情報でイーサリアムの価格を予測してみる

2021-07-19 11:17[ 岩壷健太郎

岩壷教授の経済教室 仮想通貨 暗号資産

岩壷教授の経済教室 第26回

 代表的な暗号資産(ビットコインやイーサリアムなど)の価値は、一般的な経済指標に基づいて予測することはできないことが知られています。その代わり、ビットコインに関する最近の研究では、Google Trendsのキーワード検索やWikipediaでのビットコインに関する見解などの情報が、ビットコインの価格変動と正の関連性があることが確認されています。また、取引量やビットコインコミュニティサイトでのユーザー活動(投稿数、議論数、新規会員数など)といった市場レベルの指標が、将来のビットコイン価格と有意に関連することが発見されました。ビットコインに関するGoogle Trendsの検索クエリとツイート量が、ビットコインの価格変動と正の相関があることも示されています。

 今回はこれまで学術的な関心があまり高くなかったイーサリアムの価格変動に関する研究を紹介します。イーサリアムのブロックチェーンシステムには、ビットコインにはない特徴があります。まず、ブロック内に取引情報しか含まれていないビットコインとは異なり、イーサリアムはブロック内に取引情報とともに、ユーザーのアイデンティティや製品の属性など、さまざまな種類の情報を含めることができます。

 次に、イーサリアムではブロックの生成速度は約15秒であり、ビットコインの生成速度(約10分)の約40倍であり、トランザクションの処理速度も高速です。しかし、承認速度が上がったことでマイナーが同時にマイニングに成功する機会が多くなってしまうという問題が発生しました。ブロックチェーンの構造上、複数のチェーンが存在することは認められておらず、一つのチェーンを選択しなければなりません。そのためマイニングにつぎ込んだコストが無駄になってしまいます。そこで、アンクルブロック(承認されなかったブロック)も考慮して、最も計算が蓄積されているチェーンをメインチェーンとすることで、たとえアンクルブロックを生成してしまったとしても無駄にはならずブロックチェーンのセキュリテイに貢献していることになっています。そのため、アンクルブロックを生成したマイナーにも報酬を与える仕組みとなっています。

 さらに、イーサリアムにはビットコインにはない「ガス」という概念を導入しています。イーサリアムのガスとは送金を行うための手数料のことです。暗号資産の送金を認めてもらうには、トランザクション承認に必要なデータ計算処理をする「マイナー」に手数料を支払う必要があり、ガスはその単位になります。イーサリアムにガスというルールがあるのは、ネットワーク内の過負荷を防ぐためです。世界中の送金件数が多くなるほどネットワークに大きな負担がかかり、送金スピードも落ちます。ネットワークの負担が一線を超えないように、ガスという制度を使ってコントロールしています。また、送金件数が多くなるほどマイナーはすべての取引承認に必要な作業をしなければならず、負担が大きくなります。そこでガス価格や限度額を定めることで、マイナーは作業の優先順位を決めつつ、スムーズに取引承認を済ませることができるのです。このようにマイナーの労働対価を高める意味でガス代は重要です。

 この論文では、標準的なマクロ経済要因や他の暗号資産の価格に加えて、イーサリアムのブロックチェーン情報や他の暗号資産のブロックチェーン情報がイーサリアムの価格予測のパフォーマンスを向上させるかを機械学習(人口ニューラルネットワーク(ANN)とサポートベクトルマシーン(SVM))を使って分析しています。

 機械学習から示されたのは、第1にマクロ経済要因に加えてイーサリアム固有のブロックチェーン情報(アンクルブロック、ガス価格、ガス量、1ブロック当たりのガス上限)がイーサリアムの価格予測に大きく寄与することです。第2に、他の暗号資産(ビットコイン、ライトコイン、ダッシュコイン)のブロックチェーン情報のうち、ビットコインのブロックチェーン情報がイーサリアムの価格に有意に関連していること、ビットコイン以外のブロックチェーン情報はイーサリアムの価格に影響しないことも示されました。

 ブロックチェーン情報は暗号資産によって異なることが多いため、暗号資産の価格を正確に予測するときには、ブロックチェーンの構造の違いを考慮する必要があるといえるでしょう。

参考文献
Kim,H-M., Bock, G-W., Lee, G., 2021. “Predicting Ethereum prices with machine learning based on blockchain information” Expert Systems with Applications, 184, 115480.

岩壷健太郎 (いわつぼけんたろう)

岩壷健太郎

神戸大学大学院経済学研究科 教授 早稲田大学政治経済学部卒業、東京大学経済学研究科修士課程修了、UCLA博士課程修了(Ph.D.)。富士総合研究所、一橋大学経済研究所専任講師を経て、2013年より現職。財務省財務総合研究所特別研究官、金融先物取引業協会学術アドバイザー、日本金融学会常任理事を兼務。為替、株式、国債、コモディティの各分野で論文多数。主要著書として、『コモディティ市場のマイクロストラクチャー』など。

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会