進化する次世代型ステーブルコイン

2021-09-30 10:10[ Fracton Ventures

Fracton Ventures Report DeFi NFT ブロックチェーン

2021年DeFi(分散型金融)では、今まで考えられていたようなものよりもより進化を遂げたプロダクト、プロトコルを見ることができます。

直近のCrypto VCからの資金調達事例からこうした新しいアプローチのプロトコルをいくつかまとめ、それらの傾向などを分析してみましょう。

DeFiの世界で特徴的な進化が進んでいる一つがステーブルコインです。
以前のステーブルコインは、TetherのUSDTなどドルベースな担保を取ることで、同価値になるステーブルコイントークンを発行するというオーソドックスな仕組みを採用していました。

それが、MakerDAOのような暗号資産を担保にするステーブルコインの誕生により、より進化が進み、ETHのような担保として用いるにはボラティリティが高いアセットであっても、難なくシステムを維持できる設計が施されました。その後、MakerDAOはマルチアセットを担保に入れることをプロトコル側に組み込むといった方策を取りました。

こうした中でステーブルコインの仕組みは更に新しいものへと進化していっています。
最近資金調達を果たした、または活発になっているステーブルコインをまとめてみます。


Liquity


出典:Liquity

Liquityはアルゴリズム型のステーブルコインです。根本的なアイデアはETHを担保に借りる債権型タイプのステーブルコインという点でDAIと被りますが、いくつかの点でDAIにはない特徴をもっています。

1つ目は、少ない余剰資産で発行できるステーブルコインであるという点です。Liquityでは、通常時は担保率110%を最低担保率とすることでETHを担保に借りることのできるステーブルコイン、LUSDを発行しています。MakerDAOでは、通常130-145%程度の余剰担保を求められるので資金効率があがることが期待されています。また2つ目として、ステーブルコインを借りていることにより発生する支払い利息を返却時に支払うモデルから、貸出時に一度だけ支払うモデルに変更をしており、変動金利ゆえの返却時利息の変動というリスクをヘッジすることができます。

こちらは米国の老舗Crypto VC、Pantera Capitalを中心に2021年3月に$6Mの資金調達を行っています。


Angle Protocol


出典:Angle Protocol

Angle Protocolも、同様なステーブルコインです。ただAngleはこの後に紹介をするUXD Protocolと近いアプローチで、担保資産を用いてデリバティブのポジションを形成し、その一定のポジションを維持することによって金利を稼ぐことでステーブルコインを発行するというモデルを採用していると読み取れる、プロトコルの発表がされています。

2021年9月28日に発表された資金調達ではシリコンバレーのVCであるAndreessen Horowitzなどから$5Mを既に調達しています。


UXD Protocol


出典:UXD Protocol

UXD Protocolは、海外在住の日本人開発者、稲見氏が中心となって開発を進めているステーブルコインです。これは主にSolanaブロックチェーン上にて展開をされることを優先しており、その点でAngleなどとは異なるポジションを形成することが期待されています。

UXD Protocolは、Solana上に展開されているDeFiの暗号資産デリバティブプロトコルを介しデルタニュートラルなポジションを形成し、ステーブルコインを生成するモデルを採用しており、ファンディングレートをステーブルコイン発行者側が受け取れるようにする仕組みを考案するなど、ステーブルコイン発行元が限りなく原資産のドルベースでの上限に左右されず、むしろ発行者にメリットがあるようなインセンティブ設計が施されていることが特徴です。

こちらのプロジェクトも、2021年9月に米国大手Crypto VCであるMulticoin Capitalを筆頭に合計$3Mを調達していることを発表しています。


まとめ

いかがだったでしょうか。ステーブルコインは第一世代のUSDTやUSDCなどの法定通貨ペグ型に始まり、MakerDAOなどのような暗号資産担保型へ、そしてアルゴリズムやストラテジーを用いることで価格を安定させる次世代型ステーブルコインへと急速に進化していっています。

このような変化は、DeFiという組み合わせ(コンポーザビリティ)が可能なマーケットだからこそ起きるものであり、またその流れがEthereumだけではなくSolanaやAvalanche、Polygonなどの他のブロックチェーン特有のエコシステムの中でも生まれていっていることが窺えます。

Fracton Ventures (フラクトン ベンチャーズ)

Fracton VenturesはWeb3.0の未来を支援者ではなく貢献者として共創していく専門家集団です。Web3.0社会の実現に向けてグローバルエコシステムの一助を担うべく活動を行うと共に、サステナブルかつオープンなプロトコルを育てる為のトークン設計を行っていきます。

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会