マーケット情報

2018.11.20【2回目のカンフル剤は効かず】

2018-11-20 08:08[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン ビットコインキャッシュ リップル イーサリアム


通貨 BTC XRP ETH BCH LTC
価格 542,439 54.3 16,607.6 38,214 4,025
前日比 ▼14.0% ▼4.2% ▼16.2% ▼11.7% ▼15.5%
BTC:ビットコイン ETH:イーサリアム XRP:リップル BCH:ビットコインキャッシュ LTC:ライトコイン

Review

SV反撃か

昨日のBTC相場は急落。BCH分裂騒動を巡る混乱がBTCに飛び火した格好。ABC派のクリプト・ゴッドことロジャー・バー氏がハッシュパワーを一時的にBTCからBCHへ移動しSVを圧倒、KrakenやHuobiなど大手交換所にはBCHを正当と見做す動きも見られ混乱の収束への期待から63万円台まで値を戻していたが、SV派の元自称サトシことクレイグ・ライト氏が今度はXRPは詐欺、ICOは違法と言った他のアルトコインへの攻撃を始めるとそうした雲行きが怪しくなる。Huobiが予定していたABC入金再開を延期、SVが再びABCのハッシュレートを上回ったことに嫌気しBTCは下落を始めた。バー氏率いるBitcoin.comが再びBTCからBCHにハッシュパワーをシフトしたが、逆にBTCのハッシュパワーの頭打ちも鮮明となり相場の重しとなっている。

Outlook

ハッシュパワーが価格に与える影響

本日のBTC相場はBCHの状況を見ながら底値を探る展開を続けるか。昨日の急落は一旦収まるかに見えたBCH分裂騒動による混乱が結局収まらず、BTCにも飛び火した形となった。特に、ロジャー・バー氏率いるBitcoin.comの鮮やかなハッシュパワーのシフトも2度目を迎えると本質的にはあまり意味がなく、実はBTCのハッシュパワーが頭打ちとなりBTC価格にも影響を与え始めた形。詳細は別稿に譲りたいが小職は仮想通貨の価格の源泉はマイニングコストにあるという立場を取らないが、価格の下落がマイナーの採算割れに繋がるスパイラルに陥る可能性がある。但し、SV側もコスト的に厳しいはずで、この混乱もそう長くは続かないと考える。

FXcoin Daily Report 2018.11.20.pdf

 

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ