現物ビットコインETF非承認でも強気相場は継続

2021-11-15 10:00[ 岩壷健太郎

岩壷教授の経済教室 仮想通貨 暗号資産

岩壷教授の経済教室 第30回

 米SEC(証券取引委員会)は12日、VanEck社が申請した現物ビットコインETFを認めないという判断を下しました。10月に申請された先物ETFは上場が認められたのに対し、今回残念な結果となったことに落胆の声もありますが、非承認の判断は業界ではある程度想定されていたため、ビットコインの下落幅は限定的でした。現物ETFの上場商品は、詐欺的および操作的な行為、慣行を防止する設計と、投資家および公共の利益を保護する要件を満たしていないというのが理由でした。

 そもそも、現物のビットコインを直接購入できるのに、なぜETFに多くの人が殺到するのでしょうか?ビットコインETFの先駆けとなったプロシェアーズ・ビットコイン・ストラテジーETFは、上場時にETF史上最大の資金を集め、初日の取引の売買代金が過去2番目となりました。その大半は投機目的であり、現物のビットコインを購入すればかからない信託報酬や売買手数料を支払うことに疑問を持つかもしれません。

 ビットコインETFが人気の理由の一つには、ビットコインの直接購入という選択肢を採れない投資家がいるということがあります。株式市場に上場した商品やSECが承認した商品しか購入でいないという投資制約がある投資家にとってはETFを通じてしか暗号資産投資ができないのです。

 その他の理由として、ジェームス・マッキントッシュWSJコラムニストは「ビットコインETFがもつ信頼性の問題」を挙げています。ビットコインを直接購入するとなればウォレットのパスワードの管理というリスクを抱えることになり、機関投資家は信頼性に関する深刻な問題を抱えることになりかねません。最終的には誰かがそれを保管しなくてはいけませんが、パスワード管理者が資金を持ち逃げする可能性をゼロにすることはできません。その意味ではビットコインETFは信頼性問題を回避する貴重な商品なのです。

 ビットコイン・ブロックチェーンには、2017年のSegWit以来の大型アップデート「タップルート(Taproot)」が14日に実装されました。今回のアップデートはプライバシーの改善やスケーラビリティ、セキュリティを向上させる新機能が稼働しました。これにより、スマートコントラクト機能の拡張やライトニングネットワークの改善などが期待されています。ビットコインアナリストたちは今回のアップデート後に、すぐに急騰する可能性は低いとみていますが、年末のラリーを期待している個人投資家の注目を集めることは間違いなさそうです。

岩壷健太郎 (いわつぼけんたろう)

岩壷健太郎

神戸大学大学院経済学研究科 教授 早稲田大学政治経済学部卒業、東京大学経済学研究科修士課程修了、UCLA博士課程修了(Ph.D.)。富士総合研究所、一橋大学経済研究所専任講師を経て、2013年より現職。財務省財務総合研究所特別研究官、金融先物取引業協会学術アドバイザー、日本金融学会常任理事を兼務。為替、株式、国債、コモディティの各分野で論文多数。主要著書として、『コモディティ市場のマイクロストラクチャー』など。

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会