オミクロン株で金融市場は動揺!どうなる今後の暗号資産市場?

2021-12-06 11:30[ しょうたのすけ

現役大学生の暗号資産(仮想通貨)取引奮闘記 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン



こんにちは!

12月に入り気が付けば今年もあと1か月となりました。北風が非常に冷たく、年の瀬が近づいているのを感じます。オミクロン株の報道でどのような年末年始になるか想像が難しいですが、今年の総まとめの1か月となるように心がけて行動したいです。

さて、本題に入りましょう!

BTC価格は616万円台でスタート、月曜日~金曜日にかけては630万~670万円の値幅で上下していましたが、米国でのオミクロン株の感染報告で下落した金融市場の煽りを受けて土曜日に495万円の週安値を記録する大幅下落。週末は550万円前後で推移していました。
ETH相場は463千円台でスタート、BTCと似た展開で月曜日~金曜日は480千円~540千円の値幅で推移、土曜日に週安値となる412千円を記録し、週末は460千円前後で推移していました。
XRP相場は104円台でスタート、こちらもBTCやETHと同じ展開で月曜日~金曜日は108円~116円の値幅で推移し、土曜日には週安値71円を記録、週末は90円前後で推移していました。

僕自身の取引は、先週の指針通り指値で5万ドルライン(560万円)に設定していた注文が約定しましたが、含み損となってしまっています。
オミクロン株でここまで相場に影響が出ることは想定外だったため、テクニカル指標で5万ドルと思っていましたが、今回ばかりはどうしようもないと少し感じています。
年末までは売り圧力が強く、上値が非常に重い展開が続くと考えているため、新しいポジションメイクは少し慎重に行いたいですが、長い目で見ればチャンスでもあるため理由付けをしっかりとして取引を行いたいです。
今週は指値ではなく成行で取引を考えられればと思います!

ここからは今週の気になったニュースです!

「オミクロン懸念で日米株式市場の地合い悪化顕著に、仮想通貨市場も連れ安の展開」

(Coinpost 12/2)
内容は以下の通りです。
米国で初確認されたオミクロン株の影響で日米株価が大幅に下落。
暗号資産市場においても税金確定に向けた手仕舞い売りと重なり上値が非常に重くなる。
個別銘柄で見るとソラナ(SOL)等のメタバース銘柄は価格を伸ばしている。

米国で新型コロナウイルスの新たな変異種であるオミクロン株が確認されると、NYダウが400ドル超の値下がりをし、日経平均先物も700円安を記録する急落を見せました。
新変異種は既存のワクチンや治療法への耐性が専門家によって懸念されており、そのことから世界的な入国禁止措置やロックダウン等、サプライチェーンの混乱を含めた実体経済への影響が非常に大きくなっています。
株式市場の下落の煽りは暗号資産市場にも広がり、650万円前後で推移していたBTCは一時的に500万円を割り込む展開となりました。
一方で、SOL等の個別銘柄を見ると、メタバース関連銘柄は続伸しており、当該分野に関しては投資家の関心の高さが窺えます。

最近ニュースでも頻繁に取り上げられているオミクロン株ですが、ウイルスとしての人体への脅威よりも前に金融市場がその脅威にさらされる結果となりました。
BTCに関しては650万円→495万円という24%もの下落を記録したため、暗号資産市場の脆さを改めて痛感しました。一方で、イギリスのCoinSharesの週次レポートでもSOLはBTCやETHに次いで投資家の関心が高い銘柄の一つとして取り上げられており、下落相場の中でメタバース関連銘柄とそれ以外で明暗が分かれる結果となりました。
今後は前述の通り、税金確定のための売り圧力が年末にかけて強まるため、年内は上値が重い相場が続きそうです。ただ、ここまで非常にうまく立ち回っているエルサルバドル政府やマイクロストラテジー社がBTCの買い増しをしていたため、狙うタイミングかもしれないことも念頭に置かなくてはいけないと思いました。

「韓国議会、仮想通貨課税の開始を23年まで延期で合意」

(Coinpost 12/4)

この記事は当社会員専用です。ログインしてご覧下さい。

しょうたのすけ

都内の大学に通う文系男子大学生。物心つく前から外貨資産投資を始め、現在もその含み損をかかえている。今は仮想通貨で一山当てて、来年の旅行の足しにするつもり

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会