ナイキがメタバース進出 NFTブランドRTFKTを買収

2021-12-16 09:00[ しょうたのすけ

現役大学生の暗号資産(仮想通貨)取引奮闘記 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン



こんにちは!

先週はZOZOの創業者で実業家である前澤さんが日本人民間人として初めて国際宇宙ステーションISSに滞在した話題がありましたね!学歴や環境に妥協せずやりたいことや夢を追い求める姿は非常に刺激になります。自分も改めて自分がやりたいことに対して全力投球することの大切を実感しました。

さて、本題に入りましょう!

BTC相場は555万円台でスタート、週の前半は値を戻す動きを見せ火曜日の深夜に週高値595万円を記録しましたが、上値は重く勢いが減退しました。結果として週の後半はジリジリと値を落とし5万ドル(約565万円)を割り込み、週末は550万円前後で推移していました。
ETH相場は467千円台でスタート、BTCと似た展開で週の前半は若干回復して水曜日の午前中に週高値510千円を記録しました。週の後半は再び下落、週末は週明けよりも低い450千円前後で推移していました。
XRP相場は90円台でスタート、こちらもBTCやETHと似た展開で週の前半に伸長、水曜日の夕方に週高値となる106円を記録しましたが、その後は反落しました。結果として、週末は93円前後で推移していました。

僕自身の取引は、強い売り圧力に屈して新しいポジションを作ることなく1週間が過ぎていきました。

ポジションメイクを慎重に行うことを意識した結果、週明けの値段の上昇は非常に懐疑的な目で見ることができ、ポジションを持つか悩みましたが結果として損をださずに終われました。

今の金融市場は実体経済の動向→株式等→暗号資産(BTC→その他通貨)の順番で値段の動きが反映されており、暗号資産の大まかな動向をつかみたいのであれば米国株→日本株の順番で見ると価格推移を予測しやすくなっています(全部が連動しているわけではありませんが)。

今後はそちらの動きに注目しつつ、取引を行えればと思います。また、依然として年末の売り圧力が強い展開は続くと予想するため、そこには注意していきたいです。

ここからは今週の気になったニュースです!


「ナイキ、NFTブランドRTFKT買収」

(Coindesk 12/14)
内容は以下の通りです。
ナイキがメタバースに大きな一歩を踏み出した。
NFTスタートアップのRTFKT買収をTwitterで公表。
ナイキはすでに2019年にブロックチェーン技術に取り組み始め、スニーカーのトークン化に関する特許を取得している。

RTFKTはメタバース上でファッション関係のNFTを手掛ける新興企業です。「今回の買収はナイキのDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させる新たなステップであり、スポーツ、クリエイティビティ、ゲーム、カルチャーを融合させ、アスリートとクリエイターにサービスを提供できるようになる」とナイキのジョン・ドナホー(John Donahoe)社長はコメントしています。

記事によるとメタバース・ファッションは急速に拡大しているとのことで、RTFKTのライバルと言えるストリートウェアプロジェクト「Cryptokickers」は4月、NBA(全米バスケットボール協会)の元スター、ウィルソン・チャンドラー(Wilson Chandler)氏と史上初のデジタルシューズ契約を結んでいます。

日本では企業が主導するWeb 2.0型のメタバースが主流ですが、海外ではブロックチェーンやNFTを使ったWeb 3.0型のメタバースがどんどん拡大しています。ナイキの動きもこの流れに乗っているのだと感じました。

「インドのモディ首相、仮想通貨の世界的規範作成を呼びかけ」

(Coinpost 12/11)
内容は以下の通りです。
インドのモディ首相がアメリカが主催のバーチャルサミットで暗号資産に対する世界的規範の必要性を訴えた。
金融分野やデジタルソリューション分野においては透明性を必要であることを強調。
インドでは規制案の作成が進んでおり、そちらにも注目が集まる。

インドのナレンドラ・モディ首相が10日に開催されたアメリカバイデン政権が主催する「民主主義のためのサミット」において、暗号資産のような新興技術は世界的に共通の規範が必要であることを訴えました。
同氏は上記のような新興技術は民主主義を強化するために用いられるべきであり、そのためには透明性を確保して、暗号資産を不正に利用することを目的にする人々の手に渡らないような仕組みづくりを世界規模で行う必要があるとしていました。

インドでは現在暗号資産に対する規制に関する議論が活発に行われており、非常に注目が集まっています。

現在国ごとにその扱いが異なっている暗号資産ですが、国際的な規制枠組みはどこまで暗号資産の利点を縛るべきなのでしょうか?

確かにクロスボーダー決済の利便性の向上が主たる目的で最初に登場しましたが、現在はそれが派生してさまざまな役割を持った通貨がたくさん登場しています。送受金の容易さや匿名性はその便利さと危なさの両面性が何度も議論されてきています。

先週はIMFも暗号資産に対する国際的規制枠組みの必要性を訴えています。暗号資産を容認している国と拒絶している国が両方存在している以上、共通の枠組みを設けることは内政への干渉になりかねず、非常にセンシティブな問題ですが、「利用者保護」を共通の目的として、誰もが安心して暗号資産の利用/取引が行え、怪しくないと胸を張って言える日が来れば良いと思います!


今週はここまでです!また来週もよろしくお願いします!

しょうたのすけ

都内の大学に通う文系男子大学生。物心つく前から外貨資産投資を始め、現在もその含み損をかかえている。今は仮想通貨で一山当てて、来年の旅行の足しにするつもり

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会