マーケット情報

2018.11.26【オーバーシュートか?クレイグ氏も停戦合意?】

2018-11-26 08:16[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン ビットコインキャッシュ


通貨 BTC XRP ETH BCH LTC
価格 453,786 41.6 13,166.5 20,925 3,494
先週木曜日比
▼7.9% ▼15.4% ▼11.8% ▼19.3% ▼6.3%
BTC:ビットコイン ETH:イーサリアム XRP:リップル BCH:ビットコインキャッシュ LTC:ライトコイン

Review

40万円割れ

週末ののBTC相場は大荒れ、年初来安値を更新した。BCH分裂騒動を巡る混乱で、SVのスポンサー、カルビン・エアー氏の停戦提案にSVの中心人物クレイグ氏が徹底抗戦の構えを見せた事もあり、金曜日にはBCH SVが急落。するとエアー氏がBTCの正当な継承者であるSVはBCHの継承に拘らないとするとクレイグ氏もこれに同調、事態は解決に向かうとの見方でSVは急騰、BTCも50蔓延近くまで値を戻した。しかし、著名投資家Andy Hoffman氏が保有BTCの75%を売却したとし、ロイター社はBTCの決済利用が激減と報道、Bloombergからは仮想通貨最悪の1週間と出るなどネガティブなニュースが続き前回の安値45万円を下抜けると40万円割れに急落したが46万円近くまで値を戻している。

Outlook

終戦宣言待ち

本日のBTC相場は底値を固める展開を予想する。先週お伝えした通り今回の騒動でABC、SV両陣営とも相当に疲弊している模様で、エアー氏の大人の理屈でクレイグ氏もようやく矛を収めることとなった模様。両陣営のハッシュレートも下がり正常化へ向かいつつあり、逆にBTCのハッシュパワーは回復基調。この週末はやや悲観的なニュースが続いたこともあり、市場はオーバーシュート気味に40万円割れを見せたが、今週のCoingeek主宰のイベントで再びエアー・クレイグ両氏から終戦宣言を聞けば、悪材料出尽くしで市場は徐々に戻り始めても不思議はない。

FXcoin Daily Report 2018.11.26.pdf


 

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ