仮想通貨相場反発に必要なもの

2018-11-26 14:55[ しょうたのすけ

現役大学生の仮想通貨取引奮闘記 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン



こんにちは!
ここ最近乃木坂46や欅坂46が好きな友達が「推しメン(グループの中で好きな特定のメンバー)が卒業して脱退しまったし、この先も好きなメンバーの卒業ラッシュで悲しい。」と嘆いていました。
僕自身あまりテレビを見ないので芸能人やタレント、俳優女優の情報に疎い(というよりもあまり興味がない)ので全く知らなかったのですが、言われてみれば去年のこの時期も似たようなことで騒いでいたような気がします。
この時期はサークルや部活では引退して引継ぎの時期でもありますし何かと引退などして、次のステップに行くことを後押しする魔力のような何かがあるのかもしれませんね(笑)
しかし、小学生の時にAKB48が爆発的にヒットし、気づいたら各地方に48系列のグループが誕生し、坂道46系列のグループができ、気付けば自分よりも若い子たちがメディアに露出していると、(反感を買ってしまうかもしれませんが)大学生の僕ですら大人になったんだなぁと嫌でも思わされます。
先週も書きましたが、時の流れは年々早くなりますね、、、

さて、本題に入りましょう!

先週はポジションを保有せず「下落しているからそろそろ買い時かなぁ」なんて悠長なことを言いながら締めくくりましたが、今週はそんな生ぬるいことを言っていられなくなるくらい相場が急落しました。

急落の理由として各所で様々な分析・推測が出回っていますが、ここでもそのうちのいくつかを紹介しようと思います。

・先週のBCH分裂騒動の下落の尾を引き続けた下落
先週のBCHの分裂に伴い、本来分裂前は上昇傾向にあるのにもかかわらずBCHが下落したことから先週は他の通貨も下落した。その影響が今週にまで残り、引き続きBCH、BTCもろとも下落し続けているとしています。
また、海外の取引所であるBinanceとKraken・Huobiの分岐後のBCHSVとBCHABCの取り扱いが異なることからも投資家の間に混乱を招き、不安を増殖させています。このBCHの不安からの下落がBTCや他の通貨にまで伝播しているとしています。

・BTCのサポートライン下方ブレイク
60万円付近だと考えられていたBTCのサポートラインを下回ったことによる下落です。個人的にも60万円かどうかはさておき、レンジ抜けしたため一気に下落したというのについては納得です。Coinpostの11月21日付の記事では抵抗ラインの予想として54万円付近→47万円付近→40万円付近→34万円付近と予測されています。

執筆時点の価格はすでに48万円で54万円のラインは割っており次の47万円ラインに差し掛かっています。
この調子だと弱気でさらに下落してしまうのではと考えてしまうためちょっと怖いですが、同記事の予想では40万円付近で反発を起こす可能性が高いと書いてありました。
あれ??ということはこのままだと47万円ラインは割って、しばらくは下落し続けるのということ?

というわけで、今週は怖くて手が出せず、ポジションは作りませんでした。

しかし、この下落相場に悲観的な意見ばかりだと思っていたら、逆の意見もあります。
専門家の多くの共通認識として以下のようなことが言われています。
「長い目で見れば株でも為替でもこのような時期は必ず訪れるもの。今はつらい時期かもしれないが、すぐにとは言わないまでも反発に向かう時期は必ずやってくる。」
僕自身もこの意見には賛成で、確かにすべての通貨が今後反発していくとは思いませんが、BTCやETH、XRPなどの主要で支持が厚く普及している通貨は今後きっと反発すると思います。

では反発するには何が必要でしょうか?

個人的な意見ですが、反発に必要なことは早急に明確な世界基準の規制を導入することにあると思います。
というのも、現在の仮想通貨市場は国ごとに独自の規制を持ち、株で言うインサイダー取引のようなことも法整備が整っていないがために黙認されている状態です。
そのような状況だからこそ、仮想通貨市場に対して不安や恐怖を抱き参入しづらくなり(しかも、タイミング悪くCoincheckなどのハッキング事件が起こったのも妨げる理由の一つになったのは確実です)、結果として市場規模が小さくなり、機関投資家やクジラと呼ばれる人たちに仕手を仕掛けやすくなってしまっていると思います。
そのため、世界基準の明確な規制を設けることで市場の不安定さを解消し、新規参入者を増やして市場の規模を拡大することで、仮想通貨市場のある程度の反発が見込めると思います。
また、市場規模が大きくなるにつれて通貨の需要の有無がはっきりし、数多くあるいわゆる草コインと呼ばれているアルトコインも淘汰されていくと思います。

他にも、現在の仮想通貨市場に必要なもの・ことは挙げればキリがないですが、個人的には上記のようにルール整備が第一だと思います。

今週はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございました。
また来週もよろしくおねがいします!

しょうたのすけ

都内の大学に通う文系男子大学生。物心つく前から外貨資産投資を始め、現在もその含み損をかかえている。今は仮想通貨で一山当てて、来年の旅行の足しにするつもり

アーカイブ