マーケット情報

2018.11.29【SEC委員長コメントへの反応】

2018-11-29 08:13[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン


通貨 BTC XRP ETH BCH* LTC
価格 489,135 45.2 14,104 22,078 3,974
前日比 +15.3% +11.9% +14.5% +9.3% +14.4%
BTC:ビットコイン ETH:イーサリアム XRP:リップル BCH:ビットコインキャッシュ LTC:ライトコイン*BCH価格はBCH ABCを使用

Review

市場のテーマが一新

昨日のBTC相場は反発、急落後の戻り高値だった46万円台を抜け、49万円台まで上昇した。SVサポーターであるCoingeekがリプレイプロテクションを実装する意向を示した事で分裂騒動が一段落を見せ、またもう一つの懸念材料だったテザー社が一部の直接取引に制限していた法定通貨との交換をプラットフォームを通じて新規顧客にも開放。またナスダックのBTC先物を開始検討およびVanEckとの提携といったニュースに続き、NYで開催されているカンファレンスでSEC委員長によるETF認可に必要なものを挙げるなど、市場の話題が分裂騒動から機関投資家参入に振り替わり、相場が勢いを増した形か。

Outlook

SEC委員長発言への反応の差

本日のBTC相場は上値余地を探る展開を予想する。26日のDailyでお話しした通り、今回の反発の背景には市場がオーバーシュートしていたことが挙げられる。即ち、既にBCHの名に拘らないとするCoingeekのカルビン氏のコメントにクレイグ氏が同意した段階で騒動の終結はほぼ見通せたにも関わらず、市場は40万割れをトライした。また、懸念されたテザーも手数料は高いものの法定通貨への交換を一般顧客へ開放することで信用を回復するものと思われる。27日と28日のSEC委員長のほぼ同内容のコメントへの反応の差にも、市場の地合いの変化が見て取れる。CMEの11月限先物最終取引日を控え、行き過ぎた悲観論の巻き戻しが見られよう。

FXcoin Daily Report 2018.11.29.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ