マーケット情報

2018.12.04【Difficultyが過去2番目の低下】

2018-12-04 08:07[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン


通貨 BTC XRP ETH BCH* LTC
価格 435,154 39.7 12,363 18,103 3,541
前日比 ▼7.5% ▼5.5% ▼7.4% ▼8.8% ▼8.8%

BTC:ビットコイン ETH:イーサリアム XRP:リップル BCH:ビットコインキャッシュ LTC:ライトコイン*BCH価格はBCH ABCを使用

Review

ネガティブなニュースに反応し易い

昨日のBTC相場は軟調な展開。CCNでSECがSNS等のインフルエンサーにもICO違法販売で摘発検討や北朝鮮のハッカーの標的が交換所から個人にシフトしているといった報道もあり45万円を割り込むもその後比較的安定して推移していたが、Coindeskが北京市交換のコメントとしてSTOも少なくとも北京市では違法とのコメントやBTCのマイニングの難易度を示すDifficultyが-15%と過去2番目の大幅な低下を見せたこともあり急落、43万円前後での取引となっている。安値圏からの戻りが鈍い中、若干ネガティブなニュースに反応しやすい地合いとなっている。

Outlook

Difficulty低下

本日のBTC相場は下値を固める展開を予想する。DifficultyとはBTC等の採掘難易度を指し、1ブロックの形成するのに約10分になる様に直近のハッシュパワーを換算して計算される。これが大きく低下したということはハッシュパワーが減っていることを示し、その背景には価格が下落したために電気代が高い地域などで限界損益がマイナスとなるマイナーがマシンのスイッチを切っているからだ(Monthly Topicご参照)。即ち、価格が下落したからDifficultyが下がっただけで、これを理由に相場が低下するのには違和感がある。上値が重いせいか若干ネガティブな材料に反応し易くなっているが、既にBCH分裂騒動やテザー問題は一服しており徐々に下値を固めよう。

FXcoin Daily Report 2018.12.04.pdf

 

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ