マーケット情報

ICO は 3 ヵ月連続で前年割れ

2018-12-04 17:37[ Alt Design

Alt Design ビットコイン ICO

ICO ⾦額・件数は共に 9 ⽉以降前年割れ

仮想通貨(トークン)を⽤いた新たな資⾦調達⼿法として 2017 年以降脚光を浴びてきた ICO(新規仮想通貨公開)は、直近3ヶ⽉連続で前年割れを記録し、沈静化の⼀途を辿っている。ICO プロジェクトの多くを排出し牽引する⽶国では、ICO が有価証券の⼀種に該当するか否かを巡り、規制のあり⽅が引き続き課題となっており、その判断基準とされる「Howey」テストにおいても、結論が定まらない状態が続いている。第 1 図の通り、年間ベースで⾒れば、2018 年は調達⾦額(11 ⽉までの累計 20,269 百万ドル)が前年⽐208.8%増、件数(11 ⽉までの累計 969 件)が前年⽐ 112.5%増と拡⼤傾向が⼗分維持されているようにも⾒えるが、⻩⾊セルの通り、⽉次ベースでは、⾦額・件数共に本年 9 ⽉以降 3 ヶ⽉連続で前年割れを記録するなど、不冴えな状態が確認できる。

全文はPDFでお読みいただけます。

ICOは3か月連続で前年割れ

Alt Design (アルトデザイン)

大手金融機関でリサーチ業務やトレーディング業務、有価証券投資業務や証券化組成業務を経験したメンバーが、為替市場や暗号通貨市場、FinTechの業界動向を徹底リサーチ。 海外経験豊富なメンバーが、グローバルに情報収集活動を行なっている。株や債券、為替やコモディティなど従来型金融市場との比較を用いながら、 暗号通貨市場の先行きをロジカルに予測。

アーカイブ