ハッシュレートの低下:相場の低下を導かない?

2018-12-04 18:05[ 松田康生

トピック 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン ビットコインキャッシュ

BTC相場は11月25日に40万円を割れた後、切り返すも上値が重く冴えない値動きが続いている。今回の暴落相場を牽引したBCHの分裂騒動も一段落し、またテザー騒動も同社による一般顧客への法定通貨の払い出し再開されており、司法省の捜査は続いているもののUSDTの価格は1ドル近辺で落ち着いた推移を見せている。不安要因が払しょくする中で、未だに上値が重い一因として、BTCのハッシュレートの低下が指摘される。仮想通貨の価値の根源を金などの鉱物と同様に採掘するコストに見出す考え方があり、ハッシュレートの低下は資産価格の低下に結びつくというもので、CNBCなどで著名なトム・リー氏などはこの考え方に近い。これに対し小職は、それは仮想通貨をコモディティーとする考え方であり、紙の代替として台頭したデジタル通貨には当てはまらないという立場だが、ただ採掘コストが価格と密接に関係していることは否定しない。ここではMonthlyやDailyなどの記事を再掲、加筆することにより、何故ハッシュパワーの低迷が相場の下落を導かないと考えるのか説明したい。

BTCのハッシュパワーの減少のきっかけは、BCHのハッシュウォーで両陣営がBTCからBCHにハッシュパワーをシフトしたことにあると思われるが、足元の市況の低迷がハッシュレートを引き下げていると言える。これを以って、マイニングプールの閉鎖やマイニングマシンの投げ売り、など悲観的なヘッドラインが流れ、マイニングの崩壊からBTC相場の更なる下落を予想する向きもある。以下のBTCのハッシュレートの推移を見ると、一時60,000PHS(1秒間に6千京回計算)に迫る勢いだったものが、足元では40,000PHSを割り込もうとしている。これは何かの前兆なのだろうか。

以下は、代表的なBitmain社のASICを利用したBTCのマイニングのコストと収支を試算したものだ(計算方法は別稿ご参照)。マイニングにはマシンの消費電力だけでなく、空調費や(場合によっては)場所代、またメンテの費用もかかるし、下はフル稼働を前提にしており、マシンの減価償却などを加味しておらず事業収支としては現実的ではない。ただ、この条件で赤字になるならばマシンのスィッチを切った方がいいという限界的なコストの目安を示している。これを見ると、BTC価格が70万円であれば業界全体で60,000PHS投入しても電気代がKWHあたり9円以下であれば限界収益はプラスとなる。これであれば日本のように電気代が20円を超える場合は厳しいが、世界中の色々な地域でも工夫をすれば何とかやっていけるかもしれない。ところが、価格が45万円まで下がると黒字になるのは電気代が5円のケースのみ、すなわち世界で最も電気代が安いとされる中国の一部でしか成り立たなくなる。相場の下落に従って、次々とマシンのスイッチを切っていった結果、ハッシュレートが40,000PHSまで下がると、BTC価格が45万円でも電気代が8円以下であれば限界収益がプラスになり、徐々に切られていたマシンのスィッチがオンにされていく、そうした仕組みなのだと考える。

今朝方もDifficultyが過去2番目の低下を見せて話題となった。DifficultyとはBTC等の採掘難易度を指し、1ブロックの形成する≒ナンス値を探し当てるのに約10分要する様に直近のハッシュパワーを換算して2週間毎に計算・調整される。これが大きく低下したということはハッシュパワーが減っていることを示し、その背景には価格が下落したために電気代が高い地域などで限界損益がマイナスとなるマイナーがマシンのスイッチを切っているからだ。即ち、価格が下落したからDifficultyが下がっただけで、これを理由に相場が低下するのには違和感がある。

何故、このような事態になったかというと、実は今年前半の10,000~30,000PHSの頃はマイニングはかなりうま味があり、それ故、新規参入が殺到していたのだと考えていて、それが過当競争になり、ついに限界コストも採算割れする状況に陥ったため、頭打ちとなり、価格の下落に合わせてハッシュパワーも低下してきたというのが実態ではなかろうか。いったん天井を付けたことで、今後はこのように価格とハッシュパワーの相関が高まることも予想されるが、既に従来と同じ電力消費で2倍の計算能力を持つ世代のマイニングマシンも登場しており上記の小職の試算が通用するのは今年限りになりそうで、またハッシュパワーが上昇すると環境破壊だ、サステイナビリティ―と言い、下がれば下がったでオワコンだと騒ぎ始める市場参加者も心配し過ぎだと言えよう。

この様にマイニングコストが価格を決めるのではなく、価格がマイニングコストに影響を与えるのが筋だと考えるが、一方で誰もマイニングをしなくなればこのPoWというシステムは成り立たない。そうした中、かねてよりマイニングへの参加を表明していたSBIホールディングスは株主向けミーティングでBCHのマイニングのシェア3割を目指すとした。こうした新規参入(既に一部参入済)の動きは市場に安心感をもたらすと思われるが、果たして苦境に立たされているBCHやBTC相場のホワイトナイトとなり得るか、注目される。

松田康生 (まつだやすお)

営業推進部 部長代理

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通
twitterアカウント:@FXcoin_matsuda

アーカイブ

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。
暗号資産交換業者登録一覧 
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

  • 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
  • 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

暗号資産を利用する際の注意点
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者(※)は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    (※)暗号資産と法定通貨の交換や、暗号資産同士の交換を行うサービスを提供する事業者、暗号資産の管理を行う事業者など
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか(※)を含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
    (※)金融庁・財務局が行った行政処分については、こちらをご覧ください。 https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html
  • 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

取引にあたっての注意事項

  • 取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
  • 取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
  • 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

暗号資産に関するリスクについて

  • 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
  • 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
  • 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
  • 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
  • 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。
  • 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。
  • 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

FXcoin 株式会社

  • 暗号資産交換業者:登録番号 関東財務局長 第 00019 号
  • 所属する認定資金決済事業者協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会