マーケット情報

2018.12.05【価格のことは忘れろbyジョセフ・ルービン】

2018-12-05 08:04[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン イーサリアム


通貨 BTC XRP ETH BCH* LTC
価格 436,128 39.7 12,402 16,973 3,518
前日比 +0.2% +0.7% +1.3% ▼5.3% +0.1%

 

Review

上値は重い

昨日のBTC相場は40万円前半での揉み合い。先月の40万円割れから50万円近辺まで反発した後、じりじりと値を下げる展開を続けている。一昨日はNasdaq関係者がBTC先物開始を認めるといったニュースには反応せず、相場下落の結果であるはずのDifficultyの低下や既にICOが禁止されている北京のSTO違法といったネガティブなニュースに反応し易い地合いが続いている。昨日はQuoine CEOがBloombergで来年最高値更新を予想、また交換業に参入予定の米ErisXにフィデリティ―やNasdaqが出資するとの報に45万円台を回復するも、株価の急落もあり上値の重い展開が続いている。

Outlook

認知度も普及も進んでいるbyロジャー・バー

本日のBTC相場は下値を固める展開を予想する。昨日も申し上げた通り、市場はネガティブなニュースに反応し易く、地合いはあまり良くない。相場下落の結果であるハッシュレートの低下が負のスパイラル的な印象を与えてしまっている部分もあろう。一方で、CCNによればジョセフ・ルービン氏は、市場価格はともかくイーサリアムの利用は急速に拡大しているとし、本邦ではQR決済のPayPay初日で非常に盛り上がった模様だ。後者は仮想通貨ではないが同じくQR決済普及の起爆剤となり得ると考える。BTC伝道師、ロジャー・バー氏も認知度も普及も進んでいるとしている。こうした動きが徐々に凍えた市場心理を溶かしていくものと考える。

FXcoin Daily Report 2018.12.05.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ