XRP購入もロスカットを断行

2018-12-10 11:29[ しょうたのすけ

現役大学生の仮想通貨取引奮闘記 仮想通貨 暗号資産 XRP リップル


こんにちは!
この時期になると様々なイベントが押し寄せてきます。代表格はクリスマス、続いて忘年会や帰省、年越しカウントダウンイベントなどと目白押しです。
クリスマスについては時期的に来週に書くとして、僕の場合どこか遠くへ行くということはないのですが今年は例年にも増して忘年会の予定が詰まっています。高校の同期と、サークルの人たちと、学科の友達と、、、などといっぱい入ってしまいお金が湯水のように飛んでいきやりくりが大変です。
1月に入ると試験期間となりバイトができず、2月3月は春休みで大きな出費が目に見えているので今はお金を貯めたいというのが本音なのですがいかんせん貯まらず。これはもうお年玉に期待するしかないという絶望的な状況です。
これはやはり取引で勝ってコツコツ(?)貯めていくしかないなぁと感じています(笑)

さて本題に入りましょう!!

先週述べたとおり、先月のBTC大暴落からのつられた相場全体の下落から38円~42円くらいの幅でXRPは値動きし、BTCも40~48万円くらいの幅で安定した推移を見せ始め不安定な時期は脱し、しばらくはこの幅が続くと思ったため38円を底値だと信じ、XRPを5円幅と決めて購入しました。

結果は見事にハズレ、、、無念のロスカットを33円台で断行しました。

確かに先週ここから相場が必ずリバウンドを見せて復調するわけではなく、さらに下落する可能性も十分に孕んでいると書きましたがここまで早く下落するとは思っていませんでした。
どうして今回下落したかを考えてみたところ、やはりBTCの40万円の底値割れでBTCが30万円台に突入し、その下落が仮想通貨相場全体に広がり今回のXRP下落につながったと考えています。やはりいまだにBTCの相場の影響力・牽引力は健在ですね。BTCが急落しているときにXRPだけ上昇、とはなりませんでした。

今回の取引で自分なりに良かったことはロスカットをあらかじめ決めておいた5円幅、つまり33円台で実行したことです。半年前の自分だったら、ずるずるとポジションをキープし損失が膨らんでいたと思います。今回はしっかり決めたことをできたので自分で自分を褒めてやりたいです。

さて、週末にとても楽しみなニュースが入ってきました。
それがコチラ。

「米取引所のCoinbaseが27通貨の取扱を検討」(Coinpost 12/8)
内容は以下
  • Coinbaseが27種類の通貨の取扱開始を検討
  • 同時にCVC,DNT,LOOM,MANAの4通貨をCoinbase Proにて取扱開始。
  • 取扱開始を検討している通貨にはXRPやステラ(XLM)などが含まれる。

先日(11/30)にZcashの取扱を開始し、同通貨の価格が上昇しましたがアメリカ最大の仮想通貨取引所のCoinbaseの影響力は絶大です。
同社はサイトで「全ての通貨において取扱開始する保証はない」とも併記されていましたがやはり期待してしまいますよね!同時にここまで多くの通貨の取扱をにおわせるのは、現在勢いのない仮想通貨相場に活気を与えるようにするCoinbaseの計らいかとも勘ぐってしまいます。ただいずれにせよ、相場に活気が戻る可能性が高まるため最も重要度の高いニュースとして常時チェックする必要がありそうです。この発表前に通貨を仕込めるか否かによって大きく変わります。

それにしても、以前CoinbaseがXRPの取扱を開始するかもしれないという噂が流れた時には公式ブログできっぱりと否定していたのにもかかわらずあっさりと方針を変更してきました。やはり、それだけ可能性がある通貨ということなのでしょうか。ますます期待が膨らんでしまいます。
XRPに関しては今週たくさんの取引所で取扱開始するとの発表がありました。今後さらに取扱開始する取引所が増えてきそうです。

ところで、仮想通貨の決済利用の可能性について考えさせられることが今週ありました。
それは友達が僕にPayPayというアプリが便利だよと教えてくれたことです。
それは銀行口座やクレジットカードからプリペイドでお金をチャージし、利用可能店でQRコードを表示するか、カメラでバーコードを読み取り金額を入力してタップするだけという会計方法を提供するというアプリです。仮想通貨のウォレットからの決済と似ていますね。

今週はここまでです。来週もよろしくお願いします!

しょうたのすけ

都内の大学に通う文系男子大学生。物心つく前から外貨資産投資を始め、現在もその含み損をかかえている。今は仮想通貨で一山当てて、来年の旅行の足しにするつもり

アーカイブ