2018.12.14【ケンブリッジ大:仮想通貨利用者は倍増】

2018-12-14 08:15[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン



通貨 BTC XRP ETH BCH* LTC
価格 368,428 33.9 9,750 10,728 2,688
前日比 ▼5.2% ▼3.0% ▼6.0% ▼7.5% ▼4.9%

 

Review

18百万人から35百万人へ

昨日のBTC相場は下落。一昨日と同様、硬軟材料が交錯したが、昨日は反落した形。一昨日はマネックス事業説明会やGoogle検索の話題で上昇したが39万円台で上値を重くすると反落。ケンブリッジ大から仮想通貨利用者が2017年末の18百万人から35百万人に倍増したというレポートが発行されたこともあり堅調に推移したが、無担保型ステーブルコインを開発していたBasisが証券規制を理由に開発を断念、全米でBTCを要求する爆破脅迫メールが出回っているとの報道もあり37万円割れまで下落。クリプト・ブルのトム・リー氏がBTCのフェアバリューは15千ドルとすると下げ止まりを見せている。

Outlook

最後の終戦処理

本日のBTC相場は、安値圏での揉み合い推移を予想する。昨日、一昨日とも硬軟材料が入り混じっていたが、上昇した一昨日に対し、昨日は反落した形。地合いは決して好転していないが、BCH分裂騒動が話題となっていないのは良い兆し。一部で韓国の仮想通貨税制導入前の駆込み売りを指摘する声もあるが、今年の相場を考えると限定的か。ただ、収束したと思われる騒動だが、最後に流通量の6%、100万BCHを保有していたBitmain社がいずれSVを売却するのではないかと言う懸念が残っており、BCH、BSVとも下落傾向が続いている。BTCも暫くは安値圏での揉み合いか。


FXcoin Daily Report 2018.12.14.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ