2018.12.18【Difficulty更改・CBOE期日を前に反発】

2018-12-18 08:14[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン


通貨 BTC XRP ETH LTC BCH*
価格 393,293 36.1 10,730 3,295 10,212
前日比 +8.3% +10.6% +10.2% +12.4% +10.5%

BTC:ビットコイン ETH:イーサリアム XRP:リップル BCH:ビットコインキャッシュ LTC:ライトコイン*BCH価格はBCH ABCを使用



Review

材料は軽め

昨日のBTC相場は急反発。週末に年初来安値を付けるも2016年にブロックチェーン議員連盟を立ち上げたミック・マルバニー氏が大統領首席補佐官に指名されると下げ止まる展開。ブロックチェーン技術者の求人が新興企業No.1となったとの報道など好材料にも上値を重くしたが、BittradeがHuobiとして口座開設受付を開始、短期的に弱気に転じていたBitMexのアーサーヘイズがETHへの強気の見通しを発表するとじりじり値を上げる展開。海外時間に入ると40万円台まで急反発。背景として本日のDifficulty更改前にハッシュパワーが下げ止まりを見せていることや明日に控えるCBOE先物清算日前にHFのショートが溜まっていたことから、ひと足先に買戻しが入ったのではないかとの見方も出ている。

Outlook

反発は継続するか

本日のBTC相場は、底値を固める展開か。BTC相場は硬軟材料が交錯しているが、参加者も、認知度も上昇、規制の議論も進んでおり全体としては好材料の方が目立つ。昨日でBTCの史上最高値からちょうど1年経過したが、来年の見通しは明るいものが多く、市場の反発は時間の問題と考える。昨日はBCHも上昇、安心感を与えたが、一方でSVのサポーター、カルビン氏がBTCはゼロになるとの発言が伝わった。CoindeskはBitmainのIPOも苦戦しているとの報道した。両者の騒動の最後の後始末が終えるまでは上値は重いと考える。

FXcoin Daily Report 2018.12.18.pdf

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ