2018.12.19【Bloomberg テザー社の預金を確認】

2018-12-19 08:11[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン ビットコインキャッシュ ライトコイン リップル


通貨 BTC XRP ETH BCH* LTC
価格 394,352 37.6 10,677 11,311 3,243
前日比 +0.3% +2.4% ▼0.6% +10.3% ▼2.3%


Review

元IMFエコノミスト ショートを手仕舞う

昨日のBTC相場は40万円を前に揉み合い推移。好材料やハッシュレートの下げ止まり等もあり年初来安値圏から急反発、一時40万円台に乗せるも、SVサポーターのカルビンエアー氏のBTCはゼロになるとのコメントに上値を抑えられると、日本時間は目立った材料もない中、38万円台まで値を下げる展開。しかし、Bloombergがテザー社のバンクステートメントを精査、問題なかったと報じると上昇に転じる。しかし高値圏では、同社によるJPモルガンのアナリストが長引く相場の低迷によって機関投資家が委縮しているとのコメントしたとの報道もあり40万円手前で上値を重くしたが、元IMFエコノミストで昨年のピークでショートを作ったマーク・ダウ氏が買戻したこともあり底堅く推移している。

Outlook

BCHも反発

本日のBTC相場は堅調な推移を予測する。BTC相場は好材料が続いたこともあり反発しているが、そもそもは様々な不安材料により年初来安値を付けた地点からの反発だ。その下落相場を牽引したのは、BCH分裂騒動、テザー不安、そしてマイナー離れだった。ハッシュパワーが戻りつつある点は別途ご紹介したが、昨日はSV派の発言に警戒感が高まりBCHも値を下げたが、その後、急反発、時価総額でもLTCを再逆転している。更にBloomberg社の調査でテザー社への不安も払拭、まずは12月10に付けた41万円近辺を目指す展開か。

FXcoin Daily Report 2018.12.19.pdf


松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ