2018.12.21【SECのスタンスに共和党が不満】

2018-12-21 08:14[ 松田康生

Daily Report 仮想通貨 暗号資産 ビットコイン ビットコインキャッシュ


通貨 BTC XRP ETH BCH* LTC
価格 440,022 41.2 12,580 20,901 3,565
前日比 +7.1% +3.7% +10.5% +42.8% +7.2%

BTC:ビットコイン ETH:イーサリアム XRP:リップル BCH:ビットコインキャッシュ LTC:ライトコイン*BCH価格はBCH ABCを使用

 

Review

クレイトンSEC委員長が問題?

昨日のBTC相場は続伸。ハッシュパワーの下げ止まりに続き、テザー不安の払拭やBCHの急騰と今回の相場の下落要因に一応の目途がついてきたこともあり、年初来安値付近から反発していたが、これにコインチェックの認可方針との日経報道もあり44万円付近まで上昇。CBOEの最終取引に向けて一時値を下げるも、韓国の取引所の出来高水増しや風説の流布が蔓延しているとの報告などネガティブなニュースにはあまり反応せず41万円付近を底堅く推移。Reuterによる共和党がクレイトンSEC委員長に不満を持っているとの報道もあり戻り高値水準を上抜けると急伸、米下院に仮想通貨を証券としないとする法案が提出されたとの報もあり一時46万円を付けている。BCHは連日の急騰で2万円台に乗せている。

Outlook

50万円トライか

本日のBTC相場は引き続き堅調な推移を予測する。昨日はSEC関連ニュースに注目が集まった。ETF承認に難癖をつけているのも、ICOに対する取り締まりを強化しているのも、議会共和党からするとクレイトン委員長が規制を強化し過ぎていると映っているという報道だ。共和党は伝統的に過度な規制を好まないからだ。一定の独立性はあるとはいえSECは中央銀行とは異なるので、今後の動向に影響を与える可能性はある。ネガティブな材料に反応薄で、取り敢えずは50万円レベルをトライする展開か。

FXcoin Daily Report 2018.12.21.pdf



 

松田康生 (まつだやすお)

シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

アーカイブ